Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10の危険な香り(旧サイト・アーカイブ)

 

Pocket

Windows 10 Tecnical Preview 9926も、それなりに安定しており、あとは機能の調整と仕様を固めて行くのだろうと、年末の発売を期待していたのですが、今夏(this summer)に発売するとMicrosoftは発表しました。

今までMicrosoftのOSは、リリースが遅れるのは当たり前でした。しかし、今回は前倒しです。こうなると、何でそんなに急ぐのかと心配になってしまいます。

Windows Phoneや小型タブレットへのWindows 10の無償提供など、モバイル分野での焦りも見て取れます。

Windows 8.1 Update以降、修正や機能追加もWindows Updateで提供する方針に変わり、確かに未完成で出荷しても、走りながら直して行けば良いという考えはあります。企業はもちろんすぐには導入しませんから、モルモットとなるのは一般ユーザーです。

今夏となると7月~9月でしょう。日本のPC市場は、ボーナス商戦に向けて発売されるのが通例ですが、その時期とずれるのでメーカーも困るでしょう。

一般消費者も、昨年(2014年)4月のWindows XPのサポート終了で、Windows 8.1に移行してから1年しか経っていません。いくら無償でアップグレード出来ると言っても、ユーザーインターフェースの変更は混乱の原因となります。更にOSが未完成で問題が発生する危険性もあります。

何にせよ、今回の発表はWindows 10を、「今までのWindowsと同程度の信頼性と考えるのは危ないかもしれない」と冷静に考え直す良い機会かもしれません。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

comment closed

おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ