Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 Build 11099、Build 11102がリリースされました

 

Pocket

Windows 10 Insider Previewとして2016年1月13日にBuild 11099が、1月21日にBuild 11102がリリースされました。

大きな機能の追加は無く、バグつぶしとRS1の準備のようです。

リリース頻度が上がっても目新しい機能追加が無いので「ファースト」ではなく「スロー」に戻しておいた方がよいかもしれません。

Windows 10 Build 11099

Build 11099は2016年1月13日にリリースされました。今年最初のリリースとなります。

壁紙に表示される記述も従来と異なり、細かな数字が表示されており、評価版という点が色濃くなっています。

Windows10-build11099

Windows 10 Build 11102

そして、一週間足らずでBuild 11102が公開されました。こちらは2016年1月21日のリリースです。

Windows10-build11102

Edgeの「戻る」ボタンから履歴が見れるようになったとのことです。しかしInternet Explorerでは当たり前のように使えている機能ですので、「Edgeはこんなこともできなかったのか」と呆れてしまう完成度ということになります。

こちらの記事などEdgeを使わずChromeを使えと言っていますが、Windows 10を使うという本来の目的からずれてしまっています。

次期大型アップデートRedstone(RS1、RS2)

画面をよく見てみると「rs1_release」という記述があります。

バージョン1511であるTH2がリリースされる少し前から「th2_release」などという記述があり、TH2のリリースが近いと期待されました。

今回もRS1がリリースされるのが近いのかというとそうではないようです。

RS1というのはRedstone 1ということで6月にリリースされる大型アップデートのことです。

記事によるとMicrosoft社内での配信ペースに近づけるため、リリース頻度が上がっているようです。実際のリリースが6月なのに現在のペースで配信されるとなるとRS1リリースまでに20回程度更新されることになります。

まとめ

今年になってからリリース頻度が上がっているWindows 10 Insider Previewですが、自社ソフトの互換性評価など業務目的でなく、新しい機能を試してみることが目的なら、「ファースト」から「スロー」に変更しておいた方がよいかもしれません。

特に、最近のBuildは大きなバグが多いので注意が必要です。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントは2件です

  1. Hideaki sakihama より:

    Winbows10は、アロケーションテーブルが大きく、加えて海賊版を警戒するあまり、hddへのアクセス頻度が異常に高く、依ってあらゆるパーツに過度の負荷をかけるアーキテクチャを採用しました。これは正式な対価を支払ったエンドユーザーのpcを破壊します
    我々が失意の内にこのosをロストナンバーズに加えるのに謝罪も倍賞も不要です。私は10を最後にwindowsを離れます。

    • Solomon より:

      コメントを頂き、ありがとうございます。

      私もWindows 7/8.1を最後にWindows 10には移行せずWindowsから離れることがベストだと考えます。

      しかし、業務や趣味のソフトがWindowsでしか動作しないことが多々あり、Windowsから離れられない人も多いのではないでしょうか。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索

人気の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ