Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 Build 11082がリリースされましたが無視してよいでしょう

 

Pocket

Insider Hubからの通知でWindows 10 Build 11082がリリースされたことを知りました。

早速、アップデートしたのですがInsider Hubの説明通り変化はわかりませんでした。ただ、新たなバグを作り込んでおり、アップデートする必要はないでしょう。

Windows10-build11082-01

Windows 10 Build 11082

ニュースサイトでの記事はこちらになります。

Insider Hubによると、

With this build, you won’t see big noticeable changes or new features just yet. Right now, the team is focused on product improvements based on the feedback we’re hearing on the November update to Windows 10.

とのことで、TH2に対するフィードバックに耳を傾けたとのことです。逆にとれば、今までは機能追加ばかりでユーザーの声など無視していたということでしょう。

Windows 10というOneCoreでパソコン、スマホ、制御機器、ゲーム機のOSを統一することにフォーカスしていると言っても、ユーザーのメリットは何もありません。

バグあり

当然のことですが新たにバグを作り込んでいます。Insider Hubによると、

  • Languages packages and Features on Demand will fail to install on this build. We are investigating workarounds.
  • When copying, deleting, or moving files there will be no progress dialog shown. The file action will complete without intervention. This can cause confusion when acting on large files or directories.
  • With this build, application defaults for some applications will be reset. Music & Video will default to Windows Media Player. This can be reconfigured opening Cortana or Search and searching for “Choose default apps by file type” to open the correct settings page.

とのことです。ファイルコピーなどの状況ダイアログが表示されないのは困ります。言語パックがインストールされないなど困る人も出そうです。

まとめ

ユーザーのフィードバックを元に修正して目に見える改善が無いなら、バグ潰しでしかありません。

Build 11082は、わざわざ時間をかけてアップデートする必要の無いビルドです。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ