Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 Build 10525でタイトルバーに色を付けられるようになりました

 

Pocket

Windows 10 Insider Previewの新しいBuild 10525でやっとタイトルバーに色を付けられるようになりました。ただし、評価版ですので誰でも使えるようになるのは、まだ先になります。


Windows 10 バージョン1511(Build 10586、TH2)にアップデートすることで色が付けられるようになりました。(2015/11/15追記)

なお、Microsoft OfficeやEdgeなどのWindows標準パーツを使っていないアプリのタイトルバーは、ここで説明した方法でも色は付けられません。

Build 10525

Windows 10 Build 10525が公開されました。

相変わらずISOは提供されておらず、降ってくるのを待つしかありません。

今回からまた評価コピーとしてデスクトップの右下にBuild番号が表示されます。

タイトルバーに色を付ける方法

「設定」の「パーソナル設定」をクリックします。

Windows10_Build10525_04a

左の部分で「色」をクリックします。

Windows10_Build10525_05a

普通はこのように、2つのメモ帳を開いても、どちらがアクティブかは区別がつきません。この画面では重なった順序でわかりますが重なっていない場合は区別がつきません。

Windows10_Build10525_01

「スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける」を「オン」にするとアクティブなメモ帳のタイトルバーに色が付きます。ここでは背景から色を自動で選ぶ設定なので青くなります。

Windows 10正式版であるBuild 10240では、この項目を「オン」にしてもタイトルバーに色は付きません。

Windows10_Build10525_02a

「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」を「オフ」にして、例えば赤を選ぶとタイトルバーが赤くなります。

Windows10_Build10525_03a

まとめ

Windows 10で退化していたものが、やっとまともに戻ったというところです。一般に使えるようになるまで数か月かかるかもしれません。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ