Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10でBluetoothキーボードなどのキー配列が英語配列になってしまう場合の対処法

 

Pocket

Windows 10プリインストールのSurface Pro 4などのタブレットPCにBluetoothキーボードを接続するとキーボード配列が英語配列になってしまうことがあります。

Windows 8.1まではキーボードメーカーが提供するツールなどを使って変更するしかありませんでしたが、Windows 10では設定アプリで変更が可能です。

英語配列と日本語配列との確認

「メモ帳」など文字が入力できる場所で[SHIFT]+[2]を入力してみてください。

「”」:ダブルコーテーションが表示されれば、「日本語配列」です。

「@」:アットマークが表示されたら、「英語配列」です。

Surface Pro 4などのタブレットPCにBluetoothキーボードを接続すると英語配列になることが多いようです。

通常、キーボードがあるPCにWindows 10をインストールする場合、インストール作業の最初で言語とキーボード配列を指定します。そのためインストールされたWindows 10のキーボード配列は日本語配列となります。

しかし、Windows 10のデフォルトが英語配列のためタブレットPCのようにキーボードが無いPCでは、後で接続したキーボードは英語配列になってしまうようです。

キーボード配列の変更方法

「設定」アプリを開いて「時刻と言語」をクリックします。

Windows10-101key-to-106key-01

左側で「地域と言語」を選択し、右側の「日本語」をクリックします。

Windows10-101key-to-106key-02

ボタンが表示されるので「オプション」をクリックします。

Windows10-101key-to-106key-03

「ハードウェア キーボードレイアウト」という部分の「キーボードレイアウト」を見ると現在のキーボードレイアウトを確認できます。

英語キーボード(101/102キー)とある場合は「レイアウトを変更する」をクリックします。

Windows10-101key-to-106key-04

このようなダイアログが表示されるので「英語キーボード(101/102キー)」という部分をクリックして「日本語キーボード(106/109キー)」に変更します。

Windows10-101key-to-106key-05

「サインアウト」というボタンが押せるようになります。

作業中のファイルをすべて閉じて、サインアウトしても問題の無い状態にしてから、「サインアウト」をクリックしてサインアウトします。

Windows10-101key-to-106key-06

PCを起動時の画面に戻りますので、再度サインインします。

先ほどの手順と同様に「設定」アプリを起動して、キーボードレイアウトを確認すると「日本語キーボード(106/109キー)」になっています。

Windows10-101key-to-106key-07

まとめ

Windows 10では「設定」アプリでキーボード配列を変更できるようになりました。

ただし深い部分で分かりづらいので、メーカーが提供するツールを使った方が早いかもしれません。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ