iOS 11 twitter

Solomonレビュー[redémarrage]

iOS 11で共有ボタンからツイートするには対応アプリが必要

 

Pocket

iOS 11から共有の扱いが変わりました。

今まで特別扱いされていた4つのサービスを使うには専用のアプリが必須となります。

iOS 11で「共有」ボタンからツイートできない

iOS 11にアップデートしたiPhoneからWebで見つけた情報をツイートしようと「共有」ボタンをタップしたらTwitterがありません。

iOS 11がリリースされる直前にJanetterでアップデートするとログインできなくなるのでアプリの再認証が必要になるとありましたが、このことかと思いました。

iOS 11では共有サービスの扱いが変わりました。

 

iOS 11での共有サービスの扱い

iOS 10まではTwitter、Facebook、Flickr、Vimeoの4つの共有サービスは特別扱いされ、設定アプリでも一般アプリとは別にグルーピングされていました。

Twitterに関しては設定アプリでアカウントを登録しておくとTwitterアプリをインストールしていなくてもツイートできました。

ただ、このことがアプリと競合し、おかしな動作の原因となっていました

iOS 11からはこれらの共有サービスは特別扱いされず、他の共有サービスと同様に対応アプリが必須となりました。

 

twitterを使うには対応アプリが必須

Safariでサイトを表示して四角から上の矢印が表示された「共有」ボタンをタップすると共有方法が表示されますがTwitterがありません。

use-twitter-on-iOS11-01

「その他」をタップしてもリストにTwitterはありません。

use-twitter-on-iOS11-02

そこで「Twitter公式アプリ」をインストールしてから「共有」ボタンをタップするとTwitterが表示されツイートできるようになります。

use-twitter-on-iOS11-03

「その他」をタップするとリストにTwitterが表示されています。

use-twitter-on-iOS11-04

 

まとめ

iOS 11では「共有ボタン」から共有サービスを使うには対応したアプリが必須となります。

Twitter公式アプリは広告が五月蠅いので、サードパーティのアプリが対応したら変更した方がよいでしょう。

 

Amazonで見る
Pocket

 

   iOS iOS 11    コメント 0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ