Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

iPadでマウスが使える?

 

Pocket

TermViewerのアップデートによりiPadでマウスが使えるようになったとの情報がありました。

調べてみると確かに使えるのですがハードルが高くなっています。

TeamViewerでマウスが使用可能

2017年3月21日のアップデートによりTeamViewerでマウスが使えるようになったとのことです。

ただし、使えるのはSwiftpoint GT Mouseという製品だけです

2015年から販売されているもので新製品ではありません。

(Amazon商品リンク)

親指ぐらいのBluetooth接続マウスでタッチペンに相当する突起があり、それを使ったタッチ操作もマウスを持ったまま行えるようです。

Swiftpoint-GT-Mouse-01

ただし、Swiftpoint GT Mouseが使えるのは接続をサポートする一部のアプリに限られるようです。

iOS 10がサポートしているわけではないので通常の操作ではSwiftpoint GT Mouseはタッチペンとしてしか機能しません。

iPad Proでのマウスの必要性

使えるアプリはリモートデスクトップアプリばかりです。Swiftpoint GT Remote Desktopだけは32bitアプリなのでiOS 11で使えなくなります。

確かに「マウスを使えたら」と思うのはパソコンを使っている場合ぐらいです。

あと必要と思えるのはテキストを入力するタイプのアプリです。

仕組み

一般的なBluetoothマウスはiPadには接続できません。

しかし、キーボードやペンなどは接続できます。Swiftpoint GT Mouseはペンとして接続してその通信手段でマウス情報を転送していると思われます。

そのため特許などで縛られていなければ一般的なBluetoothマウスでも通信モードを変えることで接続できる機種が出てくる可能性はあります。

あとはiOSはサポートしないでしょうからアプリ側でのサポートが今後増えることを期待したいです。アプリが対応すれば安価なBluetoothマウスでも対応して来るでしょう。

問題は価格

現在、Swiftpoint GT Mouseの価格はAmazonが販売するもので17,772円、正規輸入代理店が販売するもので16,800円です。

マウスにこれだけの金額を払える人はそうそう居ないでしょう。

ただし、Swiftpoint GT MouseはiPad専用というわけではなく、Surface Proなど一般的なBluetoothを使えるパソコンでも使えるそうです。

ノートパソコンでもパームレスト上で操作できるので電車で座りながらの操作も可能とのことです。

まとめ

リモートデスクトップをiPad Pro 12.9インチで使っていると、まるでWindowsパソコンを使っているように快適なのですが、唯一マウスが使えないのが難点です。

Apple Pencilで代用していますが、Swiftpoint GT Mouseが使えると格段に使い易くなることは分かります。

ただ、値段が……

価格よりも利便性を取るなら検討されてはどうでしょうか。

 

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)Microsoft Public Affiliate Program (JP)
人気の投稿
最近のコメント



nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ