Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 ProをWindows 8.1 with BingプリインストールPCにインストールする方法

 

Pocket

mouse computerのスティックPCを購入したのですが、Windows 8.1 with Bingがプリインストールされており、Windows 10バージョン1511を新規インストールしてもHomeエディションになってしまいました。

どうにかProエディションを使えないかと試したところ、ある方法でインストールできました。


インストールメディアに細工することで任意のエディションをインストールできることがわかりました。詳細はこちらの記事を参集願います。

Windows 10バージョン1511はBIOS設定を優先

Windows 10バージョン1511ではWindows 7/8/8.1のプロダクトキーでもインストールできるようになりました。

更にWindows 8/8.1プリインストールパソコンではBIOSに記録されているライセンス情報を読み出してアップグレードパスに従ったエディションを自動で選択してインストールします。

mouse computerのスティックPC MS-NH1の旧タイプはWindows 8.1 with Bingがプリインストールされており、普通にアップグレードすればWindows 10 Homeになります。

Windows81-Home-to-Windows10-Pro-01

この状態から「プロダクトキーを変更する」をクリックし、Windows 10 ProへのアップグレードパスであるWindows 7 Professionalのプロダクトキーを入力しても、このようにエラーとなってWindows 10 Proへのエディション変更はできません。

Windows81-Home-to-Windows10-Pro-02

そもそもの問題はWindows 10 Homeがインストールされること

前記のエラーの原因はプロダクトキーを認識していないのではなく、アップグレードパスに合っていないためです。既にWindows 10 Homeがインストールされているため、Windows 10 Proのライセンスを必要としているのです。

したがって、Windows 10 Proをインストールするには、Windows 10 Homeからエディション変更するのではなく、最初からWindows 10 Proをインストールする必要があります。

しかし、Windows 10バージョン1511はBIOSを見てエディションを決めてしまうため、ユーザーが介入することはできません。

企業などで大規模にWindows 10を展開するための自動応答ファイルというものを使ってインストール手順をコントロールすることもできますが、それらしい設定は分かりませんでした。

ならば、HomeかProが自動選択されないように別々の媒体となっている状態でインストールすればよいことになります。バージョン1511はHomeとProが同梱された媒体しかありませんので初期バージョンであるBuild 10240を使えばできそうです。

Build 10240からBuild 10586へ

少し前まで配布されていたWindows 10インストールメディア作成ツールを使うと、今でもWindows 10 Build 10240の媒体を作成できます。(投稿時点)

また、Windows 10 ProのDSP版やUSBメモリーなどの市販媒体もまだBuild 10240である可能性が高いです。これらの媒体がBuild 10586に変更される場合、何かしらのニュースが流れます。自分で買わなくとも知り合いから借りられれば十分です。プロダクトキーは自分のものを使うので他人の媒体を使用しても問題はありません。

今回は新規インストールで説明します。なお、ライセンス認証にはProエディションへのアップグレードパスに従ったWindows 7 Professional/Ultimate、Windows 8/8.1 Proの正規のプロダクトキーが必要です。

古いWindows 10インストールメディア作成ツールでこのように設定してWindows 10 Proのインストール媒体を作成します。

「アーキテクチャ」は対象とするパソコンにインストールされているWindowsと同じものにしてください。

Windows81-Home-to-Windows10-Pro-08

作成したインストール媒体で、Windows 10 Pro Build 10240をインストールします。

インストールにおいてプロダクトーキーは入力せずにインストールを完了させます。

次に、Windows Updateを実行します。ドライバーの更新などと合わせて、Windows 10 Proバージョン1511へのアップデートも行われますので、一通りアップデートを完了させます。

アップデートが完了したら「設定」アプリの「更新とセキュリティ」「ライセンス認証」を開きます。

一度もプロダクトキーを入力していないので認証されていません。Windows 8.1 with Bingからのアップグレードパスからも外れているのでBIOSの情報での認証も行われていません。

「プロダクトキーを変更します」をクリックします。

Windows81-Home-to-Windows10-Pro-03

ここでWindows 10 ProにアップグレードできるWindows 7 Professional/Ultimate、Windows 8/8.1 Proのプロダクトキーを入力します。

この時点ではネットワークから切断されていても問題ありません。ここではプロダクトキーが正しいものでアップグレードパスに合ったものかを確認しているだけです。

Windows81-Home-to-Windows10-Pro-04

プロダクトキーに問題が無ければこの画面となります。ネットワークに接続していることを確認して「次へ」をクリックします。

Windows81-Home-to-Windows10-Pro-05

ライセンス認証が完了します。「閉じる」をクリックしてウィンドウを閉じます。

Windows81-Home-to-Windows10-Pro-06

元の画面に戻るとWindows 10 Proでライセンス認証されていることが確認できます。

Windows81-Home-to-Windows10-Pro-07

別の方法

コメントで別の方法を教えて頂きました。

手順の概略は以下となります。

  1. 別のPCでWindows 7 ProfessionalをインストールしたHDDを用意する
  2. そのHDDをターゲットPCに取り付けてWindows 7 Professionalを起動する
  3. ライセンス認証が解除されるのでWindows 7 Professionalの新しいライセンスキーで認証する
  4. ターゲットPCとWindows 7 Professionalの紐づけが完了する
  5. Windows 10 Proにアップグレードしてライセンス認証を完了させる
  6. 電源を落とし、HDDを外す
  7. 別のPCでWindows 10 ProをインストールしたSSDを用意する
  8. そのSSDをターゲットPCに取り付けてWindows 10 Proを起動する
  9. 既にWindows 10 Proと紐づいているので自動的にWindows 10 Proが認証される

2つのWindowsをインストールしたストレージを用意して換装する手間がかかりますが、ライセンス認証は通ります。

懸念点はターゲットPCで立ち上がるWindowsイメージをインストールしたストレージを作れるかどうかという点です。比較的近い構成のPCがあれば可能と思われます。

または、このようなツールで汎用的なWindows起動イメージを作成するかです。

まとめ

初期のWindows 10 Pro Build 10240のインストール媒体が必要ですが、この方法でWindows 8.1 with BingまたはPro以外のWindows 8/8.1がプリインストールされたパソコンにWindows 10 Proをインストールすることができます。

これはmouse computerのスティックPCに限らずWindows 8.1 with BingまたはPro以外のWindows 8/8.1がプリインストールされたすべてのパソコンで実行可能です。

従来の方法でWindows 7のプロダクトキーを使うには、予めWindows 7をインストールしてアップグレードを完了させる必要があります。しかし最近のパソコンはWindows 7をインストールできないのでWindows 7のライセンスからはアップグレードできません。

しかし、この方法ではProエディションのWindows 7/8/8.1のどのライセンスからもWindows 10 Proにアップグレードが可能です。

なお、Windows 10 Homeがプリインストールされたパソコンでも、この方法でWindows 10 Proにすることはできますが、素直にストアからWindows 10 Proのライセンス(13,824円)を買った方が早いでしょう。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントは8件です

  1. takajun より:

    私もこれで随分と苦しみましたが、 Windows 8.1 home Installed PC にWindows7 pro のライセンスキーを使って、無事 Windows 10 PRO をインストールできました。
    http://d.hatena.ne.jp/takajun7777/20160504
    ご参考まで。 手間はかかりますが・・・・ (笑)

    ライセンス認証をしないで適当なPCのHDDに Windows7 64bit Pro を install。
    Windows7 64bit Pro が入ったHDDを ターゲットのPCのHDDと交換し、正規 Windows7 64bit Pro のライセンスキーで認証させる。
    その後、旧OSの情報を引きつがず、 Windows 10 Pro にアップグレード。

    • Solomon より:

      コメントを頂き、ありがとうございます。

      ※方法を誤認していたので訂正します。

      私の記事はBIOSに記録されたプロダクトキーを認識しないBuildでWindows 10をインストール後、最新のBuildに更新する方法です。

      教えて頂いた方法は以下の手順と理解しました。

      1. 別のPCでWindows 7 ProfessionalをインストールしたHDDを用意する
      2. そのHDDをターゲットPCに取り付けてWindows 7 Professionalを起動する
      3. ライセンス認証が解除されるのでWindows 7 Professionalの新しいライセンスキーで認証する
      4. ターゲットPCとWindows 7 Professionalの紐づけが完了する
      5. 電源を落とし、HDDを外す
      6. 別のPCでWindows 10 ProをインストールしたSSDを用意する
      7. そのSSDをターゲットPCに取り付けてWindows 10 Proを起動する
      8. 既にWindows 7 Professionalと紐づいているので自動的にWindows 10 Proが認証される

      問題無くできそうなのですが、Windows 7 ProfessionalのインストールとWindows 10 Proのインストールに使うPCがターゲットPCに似た構成でないと失敗する可能性があるように思えます。

      以前、デスクトップPCでWindowsをインストールしたイメージをSSDにコピーしてNUCやLIVAの起動を試したことがありますが、立ち上がりませんでした。

      どのPCでも立ち上がる汎用的なWindowsイメージを作るソフトがあるので、そのようなものでWindowsイメージ作る必要があるように思います。

      仰る通り大変手間なのでソフト的に解決できる方法を探してみたいと思います。

      今回お教え頂いた方法については記事に追記させて頂きます。

      • takajun より:

        早々 記事としてご掲載いただきましてありがとうございます。
        残り 2台の Dell Vostro 15 3558 i3 と celeron PC も Windows10 64bit proffesional 化しました。
        http://d.hatena.ne.jp/takajun7777/20160509
        Windows7 64bit proffesional の事前インストールは 手持ちの i7 920 最小構成 Mother Board からです。
        いずれにしても、メーカー製の OS プリインストール PC は OS の変更すら難しくなり、好き勝手に弄り回して遊んでいる変人には扱いにくくなりました。 (^^ゞ

        • Solomon より:

          コメントを頂き、ありがとうございます。

          今回の無償アップグレードは異例ですし、7月29日を過ぎれば認証できなくなります。

          もしかすると7月29日以降に配布される媒体なら、すんなりWindows 10 Proをクリーンインストールできるかもしれません。

          現状の媒体では、Windows ADKを使ってインストールをカスタマイズすれば、どうにかなりそうなのですが理解が追いつきません。

  2. 志扇省 より:

    私も7proから10homeになってしまう事を回避しようとマイクロソフトコミュニティ内で質問して漂流して来ました
    http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-windows_install/windows7pro%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%A2%E3%83%83/135f27d1-12d7-4f6a-b8e1-6936eb5d96c1
    ページを拝見していて、ツールはインストールしてみたものの、私の力量では気が遠くなるような遠回りをしてしまいそうで
    別の方法を書かれてる方の手法を参考にすれば私でもできそうな気がします

    現在7proをクリンインストールしたマウスコンピュータ(元8home)のマザーボードを
    似たスペックのマザーと交換してCMOSリセットし、起動させればマザーボード以外の構成は同じなので
    その状態で10proにならないかと思うのですが
    それで通れば元のマザーボードに戻せば安定性も担保されそうです
    甘い考えでしょうか?

    • Solomon より:

      コメントを頂き、ありがとうございます。

      モデレーターの方の情報が使えそうです。

      検証しますので回答は少しお待ちください。

      • 志扇省 より:

        ここのページが最も参考になり、無事に10proになりました。
        ツールの方ですが、現在はMediaCreationTool.exeしかアップロードされておらず
        proの設定が出来ませんが、2015/08/27にx64.exeが既にダウンロードしてありました
        更に、他の参考のページを拝見して、USBにインストールメディアとして書き込み
        EI.cfg と PID.txt をSourcesディレクトリ内に追加しました
        configファイルはメモ帳でTXTを書き出し、拡張子変換のみでcfgにしました。
        まずはお礼まで

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ