Microsoft Surfaceのメリット

Solomonレビュー[redémarrage]

Surfaceシリーズを買うべき3つのメリット

 

Pocket

MicrosoftはWindowsというOSを開発販売しているソフトウェアメーカーであり、そのソフトウェアメーカー自ら世に送り出したパソコンがSurfaceです。

Windows開発メーカーが製造販売するパソコンには、他の歴史あるメーカーのパソコンには無い大きなメリットがあります。

Surfaceとは

現在、パソコンは大きく2つに分類されます。

 

ひとつはAppleが販売するMacシリーズです。

AppleはOSとしてのmacOSを開発すると同時に、macOSで動作するパソコンのMacシリーズを販売しています。

AppleはmacOSを他社には提供せず、パソコンも自社でのみ製造販売しています。

ソフトウェアとハードウェアを一貫して製造販売して製品の品質を安定させることを実現しています。

 

もうひとつはMicrosoftが販売するWindowsを搭載したWindowsパソコンです。

MicrosoftはWindowsを開発販売しますが、ハードウェアに関してはキーボード、マウス、Webカメラなど周辺機器に徹してパソコン本体を製造販売することはありませんでした。

パソコン本体に関してはIBM PCを起点とする業界が定めた標準仕様に基づき、パソコンメーカー各社がアレンジした仕様で製造販売しています。

このソフトウェアとハードウェアの棲み分けをWindowsエコシステムと呼ぶようです。

 

ところが、2012年からMicrosoftは自社でパソコンの製造販売を始めました。

それがSurfaceシリーズです。

 

当初、今までパソコンメーカーと良好な関係を築いてきたWindowsエコシステムをMicrosoft自身が壊しているとして反発もあったようです。

しかし結果的には、それまで主流であったクラムシェルタイプ(一般的なノートパソコン)とは別の2-in-1(タブレットパソコン)という新たな市場を開拓することに成功しました。

2-in-1開拓が終わったためか、今年は新たに3機種を投入して合計4機種としてあらゆる用途でSurfaceが使えるようになりました。

現在販売されているのは次の4機種となります。

 

Surfaceシリーズの利点

どのパソコンが良いか比較検討する場合、用途や好みで人によって大きく異なるため、一概にこれがベストとは言えません。

そこで、ここではスペックや見ただけでは分からないSurfaceシリーズの3つのメリットについて説明します。

 

1.Windows開発メーカーならではの安定性

(Amazonリンク)

Windowsパソコンは基本仕様を満たせば自由度が高いため、あとはメーカーが独自仕様を盛り込み商品の目玉とします。

ところがこの独自仕様があだとなり不具合の原因になることがあります。

Windows 10は頻繁に機能を追加するため、そのような不具合が起こりやすいのですが、対策するにはWindows Insider Programからの報告が重要となります。

多くの機種を販売しているパソコンメーカーはWindows 10の大型アップデートがリリースされるたびにすべての機種での動作確認を行うことは実質的に不可能です。

たまたまWindows Insider Programに参加しているテスターがそのメーカーの機種を使っており障害を見つけて報告した場合に限り、対策が行われます。

これは新しいBuildが出るごとに報告される修正リストにLenovoやHPの特定の機種での不具合に対策したとの記録があることから、実際に対策されていることは分かります。

 

しかし、Surfaceは違います。

 

SurfaceはMicrosoft自身が販売するパソコンのため真っ先にテストされ不具合対策が成されます。

そしてWindows 10で対策できない場合はSurface側のファームウェアの更新で対策しています。

Surfaceを使っていると時々Windows Updateの一般更新に追加でSurfaceのファームウェア更新が配信されてきます。

このようにSurfaceシリーズはWindowsを開発しているMicrosoftが製造販売しているだけあってWindows 10のリファレンス機として意味合いもあります。

リファレンス機なのでSurfaceシリーズが一番安定しているのは当然なのです

 

2.クリーンな環境

(Amazonリンク)

以前はパソコンにはいろいろなアプリケーションが添付され、買ってきて立ち上げればすぐに一通りのことはできるのが良いとされてきました。

国内メーカーのパソコンも年賀状作成ソフトやビデオ編集ソフト、お絵描きソフトなどメーカーや機種によって様々なソフトがはじめからインストールされています。

 

一方、SurfaceシリーズにはOSであるWindows 10以外、何もインストールされていません

Officeも付いていますが、セットアッププログラムを実行することでネットワーク経由でインストールされます。

説明書もシンプルで電源の投入方法ぐらいしか記載されていません。

必要ならばSurfaceを立ち上げたあと、ネットワーク経由で操作説明を読む必要があります。

 

どちらが良いかは賛否両論あるでしょう。

昔のようにすべてをパソコンという閉じた環境で行うならアプリケーションソフトが付いていた方が便利かもしれません。

しかし、既にやることが決まっていて馴染みのソフトがあるなら、はじめからインストールされているアプリケーションは邪魔でしかありません。

初心者には敷居の高いパソコンかもしれませんが、殆どのことがクラウドで行える現代においては、Surfaceシリーズのようなシンプルさが求められています。

 

3.更新される工場出荷イメージ

(Amazonリンク)

メーカー製のパソコンはWindowsをインストールした後にアプリケーションをインストールして動作テストを行い、問題が無いことを確認して製品となるSSDのイメージが作成されます。

これを工場出荷イメージと呼び、各メーカーはパソコンの回復パーティションに格納して出荷します。

 

例えば、2014年にWindows 8.1のパソコンを購入してWindows 10にアップグレードし、3回の大型アップデートを行ったとしても、工場出荷状態に戻すと購入当時のWindows 8.1に戻ってしまいます。

これはWindows 10にアップグレードしてインストールされているアプリケーションの動作確認を行わない限り、メーカーとして安定環境と言えるイメージが作成できないためどうしようもないことなのです。

 

ところがSurfaceシリーズは違います。

 

Windows 10は年に2回、3月と9月に大型アップデートがリリースされます。

Surfaceシリーズは大型アップデートがリリースされて数か月すると大型アップデートが適用された状態のSurfaceシリーズが出荷され始めます。

Surfaceシリーズの工場出荷イメージは回復パーティションには格納されておらず、Microsoftのサイトからダウンロードする仕様となっています。

そして大型アップデートが適用されたSurfaceシリーズの出荷が始まると工場出荷イメージも大型アップデートが適用されたものに更新されます

 

Windowsはアップデートを繰り返すことで不安定になります。

ところが何かしらの不具合で工場出荷状態に戻さなくてはならない場合、上記の例ではWindows 8.1からアップグレードをやり直さなくてはなりません。

しかしSurfaceシリーズは工場出荷状態に戻しても直近の大型アップデートに戻るだけです。

そしてこの工場出荷イメージはMicrosoftでテストされた安定した環境なのです。

工場出荷イメージの更新はメーカー独自仕様を売りとするメーカーには真似のできないSurfaceシリーズだけのメリットなのです

 

まとめ

パソコンは道具です。

安定しなくて使い難く、作業を邪魔したり、まして、メンテナンスに時間を取られるようでは良い道具とは言えません。

その点、Surfaceシリーズは非常にシンプルで安定した道具となります。

若干、不親切なのが玄人向けではあるのですが、そのメリットを活かせるならSurfaceシリーズは最高の道具となります。

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ