Windows

Solomonレビュー[redémarrage]

フリーWi-Fiの危険性と対策

 

Pocket

従来は、外出時のネットワーク環境は自前で何かしらのモバイル回線か公衆無線LANを契約する必要がありました。

しかし、最近は店舗や交通機関の用意したフリーWi-Fiが使えて便利になりました。

しかし、その仕組みから利用には危険が伴うことを知っておくべきでしょう。

フリーWi-Fi

フリーWi-Fiとは量販店やコンビニなどがSSIDを公開して誰でも自由に利用できるWi-Fiです。

慈善事業ではなく、あくまでも店舗に人を集めること、商品を購入してもらうことが目的なので、一部のフリーWi-Fiは会員登録が必要となっています。

それでも大部分のフリーWi-Fiは公開されているSSIDに接続するだけでパスワードも必要無く接続できてしまいます。

スマートフォンやタブレットPCなどは一度接続して正常に通信できるとWi-Fiプロファイルとして保存して、以後、そのSSIDを検出すると自動で接続します。

例えばコンビニのフリーWi-Fiに接続したことがあれば、系列コンビニ店舗に入ると自動的に4GからコンビニのフリーWi-Fiに切り替わります。

なぜ危険なのか

フリーWi-Fiを提供している店舗は通信内容や通信先を知ることができます。ただし、個人情報保護などがありますので通信内容は見ていないとしても通信相手の傾向などは調べている可能性はあります。

例えばヨドバシのフリーWi-Fiからビックカメラのサイトを見ていれば価格を比較していると見当がつくでしょう。

店舗は利用規定に従った情報保護を行っているはずです。

しかし犯罪者は違います。

  • SSIDが公開されている
  • パスワードが不要

ということは誰でも同じSSIDで偽のフリーWi-Fiを設置できるということです。

モバイルルーターやパソコンのテザリングで偽のフリーWi-Fiを設置して、つないできた相手の通信内容を傍受することは簡単にできてしまいます。

しかも、スマートフォンなどは接続したことのあるフリーWi-Fiに自動で接続してしまうため利用者は偽のフリーWi-Fiに接続していることに気付きません。

危険なのは店舗だけではない

フリーWi-Fiの危険性は店舗だけではありません。

マンションなど近隣のWi-Fiが漏れ込んで来る環境も危険です。

近隣からのWi-FiはSSIDがステルス設定になっていたとしても電波のチャネルは分かります。そのチャネルでダミーのアクセスポイントを設置して接続を妨害するとスマートフォンは自宅のWi-Fiに接続できなくなります。

そして偽のフリーWi-Fiを設置しておくと、利用したことのあるフリーWi-Fiと同じSSIDならスマートフォンを偽のフリーWi-Fiに接続させることができてしまいます。

対策

傍受される危険性があるなら傍受されないように対策すればよいことになります。

1.アプリを利用

幾つか方法はありますが簡単なのはアプリを使うことです。

Opera-VPN-01

Opera VPNはVPN通信を行うことで通信経路を暗号化します。メリットとデメリットは以下のようになります。

  • メリット
    • 通信がVPNで暗号化されるため、仮に偽のフリーWi-Fiに接続していたとしても傍受されることはない
    • 店舗から見ると通信相手はOpera VPNのサーバー、アクセスしているWebサイトから見るとOpera VPNのサーバーからアクセスしているように見える
  • デメリット
    • 全ての通信はVPN通信となるため通信容量は増える
    • Opera VPNのサーバーはアメリカ、オランダ、カナダ、シンガポール、ドイツの5か所しかないため、海外経由の通信となり遅くなる

店舗だけでなく自宅でも危険なため、常にOpera VPNをオンにしている必要があります。

2.VPN環境を自前で用意

似た方法として自分でVPNサーバーを立ててVPN通信を行うという方法もあります。メリットとデメリットは以下のようになります。

  • メリット
    • 通信がVPNで暗号化されるため、仮に偽のフリーWi-Fiに接続していたとしても傍受されることはない
    • 日本にサーバーがあるため自宅回線が速ければOpera VPNより速くなる
    • 自宅でも光回線の速度で通信できる
  • デメリット
    • VPNサーバーを構築するのが難しい
    • 店舗から見ると通信相手は自宅のVPNサーバーとなりVPNサーバーのDDNS名が知れてしまう
    • 全ての通信はVPN通信となるため通信容量は増える

こちらの方法はハードルが高いため、アプリの利用をお勧めします。

3.フリーWi-Fiの利用をやめる

自宅の光回線での通信速度の低下が気になるけどVPNサーバーを立てるのは無理というならフリーWi-Fiの利用をやめるしかありません。

やめるにはフリーWi-Fiが使える場所に行き、表示されたSSIDの設定を削除します。記録された設定を削除するにはネットワーク設定を全て削除するか、表示された時点で削除するしか方法が無いためです。

まとめ

フリーWi-Fiは便利ですが、いろいろと情報を詐取される危険性があります。

利用する場合はOpera VPNなどで対策するか、リスクを承知の上で使うことになります。

偽のフリーWi-Fiを見つけたとしても止めさせる手段はありませんので自分で対策するしかないのです。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
広告
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
Amazon


Intel NUC Atom E3815搭載 小型PCベアボーン BLKDE3815TYKH0E
カテゴリー
アーカイブ
広告
Twitter でフォロー
広告
サイト内検索
旧サイト