Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ 本体の修理または対処方法(旧サイト・アーカイブ)

 

Pocket

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープを使っていると、泡として出なくなることがあります。一度こうなると二度と泡では出なくなります。

自分で修理出来ないかと分解して調べてみましたが、構造上、修理は諦めた方が良さそうです。

対処方法としてはメーカーに問い合わせて交換してもらうか、買い換えるかのどちらかになります。

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ

2012年にミューズブランドから発売された泡ハンドソープの電動ディスペンサーです。

「ミューズ」ブランドは何度も譲渡され、現在は製造販売元がレキットベンキーザー・ジャパン株式会社、発売元がアース製薬となっています。

使ってみると結構便利なのですが交換用のボトルが普通の泡ハンドソープの倍以上の値段です。

自分でボトルを詰め替えることで値段の問題は解消したのですが、やはり機械ですので故障します。

個体差があるようですが、だいたい電池を交換する前に泡として出なくなり捨てることになります。

 

製造販売元への問い合わせ

検索してみると「お客様相談室」に問い合わせれば交換してもらえるという記事を見つけることができます。

お客様相談室の電話番号は製品ページや製造販売元でも公開していません。ミューズのサイトの「お問い合わせ」にある電話番号とは違います。

お客様相談室に連絡する場合は、ミューズ ノータッチ泡ハンドソープのボトル裏面の一番下に電話番号が記載されています。

 

修理する場合

修理は難しいでしょう。はめ込みや接着部分があるので元に戻すのは難しいでしょう。

自分で修理を試みる場合は以下を参考にしてください。

 

内部構造

底面の電池交換用の蓋を外します。

本体の後ろを手前にして両手で逆さまに持ちます。防水仕様なため固いですが、底蓋の出っ張りを両手の親指で押し上げると開けられます。

4本の単3電池を外すとネジが見えますので、プラスドライバーで3本のネジを外し、ボトルを入れる部分を繋ぎ目から外します。

 

赤外線LEDを接着剤で止めてありますので外すと、このように内部構造を分離できます。

repair-muse-no-touch-01

repair-muse-no-touch-02

repair-muse-no-touch-03

故障個所の推測

構造は泡ハンドソープ用のシリンダーと空気用シリンダーをモーターの入ったギアボックスで1回往復させるものです。

泡にならないことから混合する空気の経路を調べます。

repair-muse-no-touch-04

空気用シリンダーのピストンには、空気取り込み用弁が付いています。

※コメントで頂いた情報によると、このピストンとシリンダーとの間に隙間ができて空気が漏れている可能性があります。

repair-muse-no-touch-05

液体ミューズとの混合部分の前には空気が逆流しないように弁が付いています。

repair-muse-no-touch-06

以上から、泡を作るために混合する空気の経路で疑わしい部分は、以下の部分になります。

repair-muse-no-touch-07

実際、泡にならなくなったミューズノータッチを調べてみましたが、空気の経路に液体ミューズが逆流した形跡は無く、詰まっている部分も見つかりませんでした。

残る可能性として空気混合泡生成部があります。

固くはめ込まれた複数の部品で構成されており、この写真で左から右に泡ハンドソープが流れます。左の部品の中の小さな空間に、真ん中の部品のピンクの部分の溝から空気が流れ込んで混合されて、真ん中の部品に入ります。

repair-muse-no-touch-08

空気はピンクの部品の上下左右の4つの溝から手前に向かって流れ込みます。空気の通る部分は非常に狭いので、逆流や詰まりは起きない気がします。

repair-muse-no-touch-09

空気と混ざった泡ハンドソープは、このフィルターの小さい穴を通って泡になります。

写真では分かり辛いですがフィルターの下の部分が少し破れていました。

repair-muse-no-touch-10

破れた部分を接着剤で塞げば、また泡が出るようになるかもしれませんが、ここまで分解して元に戻すのは大変でしょう。

 

直せる可能性のある部分

コメントで頂いた情報と、ミューズ ノータッチ泡ハンドソープのQ&Aから、空気混合泡生成部ではなく空気用シリンダーの密閉性が原因である可能性があります。

空気用シリンダーを分解し、空気用シリンダーピストンの縁や空気取り込み用弁を洗うかアルコールなどで拭いて空気の漏れを減らせば、また泡が出るようになる可能性があります。空気用シリンダーピストンはギアーボックスから外せないようなので綿棒などで拭くことになると思います。

 

専用ディスペンサーに買い換えるべきか

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープは故障が多いので他社の専用ディスペンサーを買った方がよいという意見をよく見ます。

私も今使っているのが3台目です。最初の2台は電池交換前に壊れて買い換えたのですが、3台目は電池を2回交換していますがまだ使えています。

要は個体差が激しいのです。

ボトルも詰め替えて使っていますので、それならばいっその事、他社の専用ディスペンサーに買い換えようかと何度も考えました。

しかし専用ディスペンサーも構造は同じです。多少部品の良し悪しはあっても故障する可能性はあります。

そう考えると専用ディスペンサーは買い替え時の負担が大きくて手が出せませんでした。

その点、ミューズ ノータッチ泡ハンドソープなら買い換えても1000円程度でボトルも1本付いてきます。換算すると本体価格は500円程度ですから専用ディスペンサーは4倍以上の値段ということです。

そして補充も、ボトルへの詰め替えておけばボトルの交換だけですからものの数秒で終わります。これはミューズ ノータッチ泡ハンドソープの最大のメリットであり専用ディスペンサーでは不可能です。

これらの理由から私はミューズ ノータッチ泡ハンドソープを使い続けることにしました。どちらの方が自分に向いているか検討してみてください。

 

まとめ

簡単なのは、お客様相談室に問い合わせて交換してもらうことです。これについては現時点でも交換してくれるのかは不明です。

自分で修理する場合は、空気混合泡生成部は固くはまった部品を開かなければならず、爪が噛んでいるので上手に外さないと壊してしまいます。そもそも、そこまで分解するのも大変ですし元に戻す時は、赤外線LEDを元のように接着しなければなりません。

それでも空気用シリンダーピストンでの空気漏れの対策をすることで直る可能性はあります。

これらの写真を参考に修理してみるのも良いかもしれませんが、本体の値段を考えると修理は諦めた方がよいと思います。

 

Amazonで見る
キッチンミューズ Amazonで見る
他社ディスペンサー Amazonで見る
Pocket

 

コメントは10件です

  1. kokichi より:

    同じ症状が出ましたので、参考にさせて頂きました。
    大変判りやすくすばらしい内容ですね。
    分解の結果、記事中にあるフィルターの端に僅かな繊維くずがありましたので「これや!」と取り除き、再組立後テストしましたが、残念ながら回復しませんでした。
    けれど、この記事のおかげで分解のきっかけが出来、良い経験が得られました。
    今後のご活躍を願っております。

  2. Solomon より:

    kokichi さん、コメントを頂きありがとうございます。
    やはり修理は難しいようですね。
    どうしても「もったいない」と思ってしまうので直せるものなら直したいです。
    電池は交換するために付いているのではなく、ただモーターを動かすために付いているもので、本来は組み込みで交換できないものと考えた方がよい気がします。
    泡が出なくなる時期と電池の寿命がほぼ一致しているようです。
    価格なりの寿命と割り切るしかないようです。

  3. by プレアデス より:

    8ヶ月ほど使用した我が家のミューズノータッチも同様に泡が出なくなり、液体のままの薬剤が出るようになりました。検索したらこのページを見つけたので、参考にしながらもダメな時のことも考慮して新品をあらかじめ用意しました。
    同様に分解して裸のまま作動させたらどうも空気が送り込まれていない様でしたので、空気用のシリンダーも分解して各部を清掃し、空気取り込み用弁が一番怪しかったので、目視では異常無さそうでしたが出来る範囲で洗浄し、再組み付けした結果、見違えるくらいに泡が出てきました。
    買わなければ良かったかと少し後悔しましたが、このページの説明と分解したことで構造もよくわかりました。ありがとうございました。
    ただ、他のページを見ていたら、お客様相談室に相談すれば無償交換してくれるとの情報もありました。自分の場合、土曜日だったので分解しましたが、一度電話で相談もしてみたかったですね。

  4. Solomon より:

    プレアデス さん、コメントを頂きありがとうございます。
    お客様相談室の件と修理着目点の件で、全体的に記事を修正させて頂きました。

  5. クリーンちゃん より:

    確かにこれまで3個、約1年で故障しました。元々そういう作りの物らしいです。
    製造元へ問い合わせた際、かなり本音を語ってくれる女性オペレーターさんに当たり、「3年は絶対持たない消耗品です」とはっきり言われました。
    購入から1年以内なら、製造元「レキットベンキーザー・ジャパン」へ電話すれば交換してくれます。今は電話だけですが、メール問い合わせができた頃は、「購入日と購入先を知らせるだけでOKで、特に明細の提示は求められませんでした(今はどうなっているか、わかりません)。
    交換ボトルは高いので、簡単な詰め替え方法があります。
    私は「オイラー」に、好みのハンドソープを入れて、「ミューズノータッチ」のボトル口の「可動式のフタ」(弁?)をオイラー先端で押してわずかに斜めに滑り込ませ、そこからボトル内部に詰め替えています。
    ちなみに「レキットベンキーザー」って、最近韓国で加湿器に除菌剤を入れ、たくさん人を死なせた会社(オキシー・レキット・ペンキーザー社)と名称が似てますが・・関係ない?

    • Solomon より:

      コメントを頂き、ありがとうございます。

      値段から言って消耗品であることは明確ですね。

      2台目はすぐに壊れましたが3台目は結構もっています。あたりはずれがあるようです。

  6. クリーンちゃん より:

    うわ・・やっぱり「ミューズ」は、韓国の「殺人加湿器」と同じメーカーでした。http://matologs.com/archives/59395627.html
    テレビで被害者家族に手で叩かれていた白人は、「日本・韓国ペンキーザー」の責任者らしい。
    あんなメチャクチャな商品作る会社なら、「ミューズノータッチ」も元々壊れるようにできていて、買い替えで儲けようと仕組まれてるね。
    「ミューズ」製のソープや石鹸も、多分除菌のための有害物質がかなり入っている気がする・・「ノータッチ」は機械だけ活かして、中は安全な物に詰め替えて使ったほうがいいかもしれませんね(「無添加の液体石鹸」などね)。
    何れにせよ、今あるのが壊れたら、もう二度と「ミューズノータッチ」は買わないつもりです(信頼できるメーカーの、ディスペンサーだけの物を探します)。

    • Solomon より:

      コメントを頂き、ありがとうございます。

      買い替えで儲けるというより、耐用期間とその間に使用するボトルの本数を元に価格が決められているのでしょう。

      「オキシー・サクサク」の問題は、韓国現地支社がやったこととも取れ、日本のミューズとの関連は分かりません。

      こんな記事もあり、どこの薬用石鹸も似たようなものではないでしょうか。

      抗菌・殺菌成分が入った「薬用石けん」は益どころか害になるおそれ(GigaZiNE)
      http://gigazine.net/news/20160411-antibacterial-soap-more-harm/

  7. しもしも より:

    ミューズノータッチを使用して、4ヶ月ですが、電池が漏れてしまいました。
    本体を洗った事はありませんが、洗面所、キッチンで使用していますので水が付かない訳がないです

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      ミューズノータッチ本体を確認してみましたが、電池を入れる部分の本体側にOリング(オーリング)が付いていました。これは防水設計の機器全般で使われる液体の侵入を防ぐものですので水場で使用しても通常は電池に水がかかることはありません。

      Oリングが付いており蓋もシッカリ締めたのなら水漏れが原因ではないと思われます。

      電池の液漏れはいろいろな要因で発生するので機器側の問題とは言い難いところがあります。たまたま製造時期の古い製品を購入して電池が古かったということも考えられます。

      電池の液漏れの対処ですが、液漏れした電池を廃棄し、本体に付着した液を手や衣服に着かないように拭き取ります。電極に着いた白い塊は電池が接触する部分をヤスリで削り落として電極が見えるようにします。削りカスを拭き取り新しい電池をセットすれば通常はまた使えるようになります。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ