Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ ボトルの詰め替え方(旧サイト・アーカイブ)

 

Pocket

汚れた手を洗う時にポンプ式の液体石鹸を使うと容器が汚れてしまいますが、デパートのトイレなどにあるような手をかざすだけで石鹸が出てくるものがあれば容器を汚すこともありません。

ミューズノータッチは安価に、それを実現した製品ですが交換用のボトルが高価なので、詰め替えられないか試してみました。

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ

2012年にミューズブランドから発売された泡ハンドソープの電動ディスペンサーです。

「ミューズ」ブランドは何度も譲渡され現在は製造販売元がレキットベンキーザー・ジャパン株式会社、発売元がアース製薬となっています。

最初、近場のスーパーやドラッグストアでは売っておらず、親に貰うまで知りませんでした。

使ってみると結構便利なのですが交換用のボトルが普通の泡ハンドソープの倍以上の値段です。

確かに泡ハンドソープには無い香りなのですが、ボトルの価格に開発費を上乗せしているのには困ります。

どうにか詰め替えられないかと試してみたところ、比較的簡単にできましたので参考に掲載します。

 

ノータッチ本体を壊す可能性と作業上の注意

液体石鹸の濃度の違いやボトルの劣化でミューズ ノータッチ本体(ディスペンサー)を壊す可能性があります。

また、尖った器具を使うので怪我をしないように注意してください。

実施する場合は、これらを考慮して行って下さい。

また、根本的な問題として「詰め替え」という面倒な作業を自分が続けられるかという問題があります。

 

ボトルの構造

ミューズ ノータッチのボトルは透明の容器にプラスチックの蓋がはめ込んであり、蓋は簡単には外せません。中心の穴は柔らかいプラスチックのパッキンのような構造で、押し込むと凹み隙間が開きます。

Muse-no-touch-01

このパッキンは4本の細い紐のようなもので引っ張られているので、強く押し過ぎると紐のようなものが切れてしまう可能性があります。

この容器は左の部分が切れてしまいました。

Muse-no-touch-04

蓋と容器の隙間にマイナスドライバーなどを差し込んで、こじ開ければ蓋は外れますが、上の写真の右上のように蓋が変形してしまい、蓋を閉じても本体にセットできなくなる可能性があります。

本体と蓋の噛み具合は結構しっかりしており簡単には外せないようになっています。

Muse-no-touch-02

Muse-no-touch-03

 

詰め替えるために使用するもの

今回はボトルを改造などせず、泡ハンドソープが出てくる部分から詰め替えることを考えます。

狭い隙間なので先が細くて注入に適しているものを探しました。

まず、比較的簡単に入手できるものとして100円ショップで売っている化粧品の詰め替え用の20mlの注射器を使いました。

東急ハンズなどでは理科の実験器具が売っていますので、より大きな注射器を使えば少ない回数で詰め替えが終わります。ただし詰め替え器具にあまりお金をかけては意味がありません。

先の細い漏斗などでも使えそうに考えがちですが、蓋を開く隙間の方向や漏斗の傾きを考えると流し込むには無理があります。

Muse-no-touch-05

 

詰め替える泡ハンドソープ

同じメーカーの同じような製品なら同じ製造ラインを使っている可能性が高く、濃度なども同じだろうと考え、ミューズの泡ハンドソープシリーズのつめかえ用を使用しました。最初はミューズ ノータッチ泡ハンドソープのボトルに残っていたものと混ざってしまいますが、効果は変わらないでしょう。

他社の詰め替えも使えるかもしれませんが、濃度の違いなどから固まったり詰まったりする可能性があります。

他社のハンドソープを使うことが前提なら、汎用ディスペンサーを使った方が詰め替えの手間と壊れる危険性は少なくなるでしょう。

 

詰め替え方法

空になったミューズ ノータッチ泡ハンドソープのボトルの中心のパッキンを、傷つけないように少し押し込んで開いた隙間に注射針を差し込みます。

ボトルの正面、真後ろ、左右の真横の4方向の何れかの方向から差し込んでください。

それ以外の方向から差し込むと蓋を引っ張っている4本のゴムのようなものを切ってしまう可能性があります。

Muse-no-touch-06

針は差し込んだままにして針から注射器を取り外し、注射器で泡ハンドソープを吸って、再度針に取り付けて注入するという動作を繰り返します。

20mlの注射器では12回繰り返すと240mlでほぼ満タンになります。蓋の下あたりまで入れると250mlです。

注入が終わったら針を抜き、逆さにしても泡ハンドソープが垂れて来ないことを確認します。

垂れて来るようならボトルの蓋が壊れてしまったと思われるので、その容器は泡ハンドソープを使い切った後で捨てます。

 

詰め替えの効率を上げるには

100円ショップの注射器は何度も使っているとシリンダーの滑りが悪くなり、詰め替えに力が要るようになります。また、何度も繰り返すので面倒でもあります。

そこでもう少し投資して簡単に注入できるものは無いか考えて思いついたのが「洗浄瓶」です。

Muse-no-touch-07

「洗浄瓶」は学生時代に実験などで使ったことがあるのではないでしょうか。

安いものですが近場の店では入手が難しいかもしれません。容量にもよりますが、amazonなどで買うと送料込みで1,000円程度です。

実店舗ではTOKYU HANDSやユニディなどのホームセンターで扱っています。ビーカーやフラスコなど実験器具と同じ扱いです。

購入する場合の注意として必ずノズルの先が細いものを購入してください。先が太いと蓋の隙間に差し込むことができません。

Muse-no-touch-08

また、容量は詰め替える泡ハンドソープの容量以上のものをお勧めします。例えば「ミューズ 泡ハンドソープW フルーティフレッシュ 大型詰替 450ml」を使う場合は500mlのものです。

250mlのものを使うと450mlを2回に分けて洗浄瓶に入れることになります。2回目に入れるときに洗浄瓶から泡が噴出してくるからです。

洗浄瓶のノズルは徐々に太くなっていますので、あまり奥まで差し込むと蓋を引っ張ているゴム状の紐が切れてしまいます。少しでも差し込めたら、そこで差し込むのを止めて注入を始めた方が良いでしょう。

一度、注射器などの簡単に入手出来る器具で詰め替えを行って、詰め替えという行為を続けられそうだと思えるなら、簡単に詰め替えが行える洗浄瓶の購入をお勧めします。

 

コスト

私のところでのコストを記しておきます。

最初、正直にボトルを買っていたのが10本ぐらい、その後詰め替えを始めて30本程度、合計40本の詰め替えを使う間にノータッチ本体が壊れたのが2回で、今はちょうど3台目に切り替えたところです。したがってノータッチ本体の寿命はボトルを20本使う程度の期間ということになります。

ボトル1本が500円として20本で10,000円、詰め替えた場合のコストは1/3で3,500円、差額6,500円から詰め替えが原因でノータッチ本体が壊れたと仮定して、ノータッチ本体の買い替え費用1,000円を引いても5,000円程度は節約出来ることになります。

10,000円から5,000円の節約ですので、コストは半額となりますが、その分、詰め替えという作業が発生します。20本の詰め替え作業で5,000円の節約が出来ることをどう考えるか次第です。

ノータッチ本体が壊れるというのは詰まるのではなく、泡にならなくなる症状です。

他の方でも発生しているようなので詰め替えることが原因なのか、構造的な問題なのかは分かりません。 ボトルは4本を使いまわして30回の詰め替えで1本を壊しましたので、30回を5本で回したとすれば1本当たり6回は使えています。気をつけて詰め替えればボトルは10回は使えると思います

 

本体の固定

ミューズ泡ハンドソープの容器に比べて、ミューズ ノータッチ本体は底面積は広いのですが重心が上部にあり不安定で、狭いシンクの端に置くと地震などですぐに落ちてしまいます。

何かで固定できないか探したところ、ホピー小物などを固定するセメダイン レアタックが良いようです。

これはよくある耐震用の接着ゴムのようなものですが、1mm程度の薄いもので底面に2枚重ねて貼ると多少ぐらつきますが固定できます。

Muse-no-touch-09

 

他社ディスペンサーについて

わざわざ詰め替えるなら詰め替えが出来る他社のディスペンサーを買うという手もあります。

また、ミューズ ノータッチ泡ハンドソープはボトルの交換し易さを優先しているため、見た目がよくないという意見もあるようです。

他社ディスペンサーを使う場合はミューズ ノータッチ泡ハンドソープと同様に、指定された詰め替え以外を使えば故障するというリスクがあります。耐久性はよくわかりませんが液体を使う性質上、故障するのは仕方ないでしょう。

詰め替えのし易さや見た目で選ぶのも良いかもしれません。

ただし、他社のディスペンサーが故障した場合の買い替えコストは、ミューズ ノータッチ泡ハンドソープの4~10倍です。

 

広告について

重くなりますが関連製品の個別リンクを掲載していますので、種類と標準的な価格を知ってもらえればと思います。

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープとボトルは最近は地元のドラッグストアなどで入手可能と思われますが、他のものは入手し難いかもしれません。香りやセット本数、容量などで値段が違いますので割安なものを探してみてください。amazonでは定期おトク便を使うという手もあります。

 

Amazonで見る
キッチンミューズ Amazonで見る
他社ディスペンサー Amazonで見る
Pocket

 

コメントは2件です

  1. りりい より:

    とても参考になりました。ありがとうございます。

  2. Solomon より:

    りりい さん、参考になったようでよかったです。
    詰め替える労力に見合う節約は確実に出来ますので、よろしければ試してみてください。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ