Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

MVNOのプランは大手キャリアより複雑に

 

Pocket

そろそろMVNOに移行するためにいろいろ調べているのですが、MVNOも各社各様で料金だけで単純比較できなくなっています。

結局、mineoのキャンペーンも魅力ですが、FREETELにすることにしました。

プラン比較

少し古いですが、こちらにMVNOのプラン一覧があります。

検索すればプランを比較したサイトはいろいろあります。ただ、それらのサイトでは表面上の料金や速度の比較で私の知りたいことはわかりませんでした。

なお、価格ではなく速度重視ならば、こちらの記事が参考になります。

MVNOプランと大手キャリアプランの大きな違い

大きな違いは、解約やMNPに関する点です。大手キャリアの場合、解約金が掛からないのは2年契約の切り替え時の2ヶ月のみで、それを1ヶ月でも過ぎると解約金が取られます。

一方、MVNOは最低契約期間を過ぎればいつ解約やMNPをしても解約金は取られません。

MVNOの解約金、弁償金

私が知りたかったことは、契約途中で解約した場合や、するべきことをしなかった場合にかかるお金です。

候補として調べた結果は以下となります。

BIGLOBE FREETEL IIJmio b-mobile mineo Nifty So-net DTI DMM
最低プラン 1GB
1400円
1GB
1199円
3GB
1600円
3GB
1980円
500MB
1400円
3GB
1600円
3GB
1890円
1GB
1200円
1GB
1260円
解約手続 会員
ページ
会員
ページ
会員
ページ
会員
ページ
会員
ページ
会員
ページ
MyDTI
から
締め切り 20日 当月25日
拘束期間 12ヶ月 無し 12ヶ月 4ヶ月 無し 6ヶ月 1年 12ヶ月 12ヶ月
解約金 8000円 無し 12000円 8000円 無し 8000円 5000円 9800円 9000円
SIM返却期限 20日 なし なし なし 翌々月25日 なし
SIM弁償金 不明 なし なし 3000円 なし
MNP拘束期間 12ヶ月 12ヶ月 12ヶ月 4ヶ月 12ヶ月 6ヶ月 1年 12ヶ月 12ヶ月
MNP違約金 8000円 15000円
~2000円
12000円 8000円 11500円 8000円 5000円 9800円 9000円
キャンペーン
など
最大1年間¥0キャンペーン 6ヶ月
800円割引
通話定額
NifMo

 

大手プロバイダーや老舗MVNOは1年以下の拘束期間があります。MNP転出も解約となりますので同様です。

それでも解約金はバラバラです。

FREETELとmineoはMNP転出でなければ拘束期間はありません。

解約後、SIMカードは返却が必要ですが、送らない場合に弁償金を取るMVNOがあります。廃棄するだけなのですが何故、弁償金を取るのかは不明です。

キャンペーンにより運用費は大きく変わります。

まとめ

半年iPhoneを使ってみて通信容量は月400MB程度だったので1GBプランで十分だと思っています。また、フリーのWi-Fiサービスも増えていますので、増えることはないと考えています。

どのくらい使うかわからないので、今回はFREETELにすることにしました。

mineoは、AUがケイ・オプティコムに対してVoLTEを使う上での制限を設けていることや、iPhoneがいまだに使えないことなど、何故こうもAUが冷遇しているのか不審なので候補から外しました。

関連記事:

Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索

人気の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ