Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

ポメラ後継機?がWindowsパソコンとしてKING JIMから発売

 

Pocket

キングジムからポータブックXMC10なるものが発表になりました。

変形キーボードなどからpomeraユーザーの取り込みを考えているようですが、ポメラユーザーの求めるものはこういうものなのでしょうか。

ポータブック XMC10

キングジムから発表があったようです。

基本仕様は、以下のとおりです。

  • Windows 10 Home(x64)搭載
  • Atom x7-Z8700
  • メモリー2GB
  • ストレージeMMC 32GB
  • 8インチTFTカラー液晶ノングレア
  • 解像度1280×768
  • VGA、HDMI出力可能
  • IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0+EDR
  • ステレオスピーカー、マイク内蔵
  • 200万画素Webカメラ
  • 85キー日本語変形キーボード
  • 光学式フィンガーマウス
  • SDXCカードスロット
  • USB2.0 1ポート
  • バッテリー駆動 約5時間
  • Office 365サービス1年分添付
  • 市場価格 約9万円

クラウド全盛によるポメラの衰退

pomeraはどこでも文章を入力できる単機能端末としてヒットしました。

その後、スマホとタブレットの普及によりその座は奪われました。

それを追うためにpomera DM100ではFlashAirという無線LAN内蔵SDカードを使ってEvernoteとの連携を実現しました。

それでもOneDrive、DropBox、Goole Drive、iCloudなど沢山のクラウドが乱立したことで、自社開発での対応は不可能と判断したのでしょう。

一番ポピュラーなWindows 10を搭載してしまえばすべてのクラウドに対応でき、Windows 10という話題性も手伝って人気が出ると考えたのかもしれません。

中途半端なスペック

ターゲットは、タブレットとBluetoothキーボードを持ち歩いており、昔ポメラを愛用していた人でしょう。

まず、クラウドとの連携だけならAndroidを選択すべきでしょう。逆にWindows 10にしたため、あれもこれもと詰め込みすぎたように思えます。

そしてAtom x7-Z8700というSurface 3と同じ強力なCPUを積んだにもかかわらず、2GBメモリー、32GB eMMCと8インチタブレット並みのスペックとなっています。

また、キーボードに合わせて画面を8インチとしたためOffice Premiumを搭載できず、Office Mobileの使用が強制されています。

Office Mobileはサブスクリプションでしか使えませんので、毎年、Office 365サービスを買い続ける必要があります。

まとめ

「8インチタブレット」プラス「変形キーボード」によるクラウド対応したポメラ後継機を作りたかったようですが、強力すぎるCPUと小さすぎる画面から中途半端な製品となっています。

8インチタブレットにキーボードやディスプレイアダプターなど周辺機器を揃えなくとも1台にまとまっているメリットはありますが、9万円というのは高い気がします。

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ