Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 Insider Program参加者のRTM入手について(更新)

 

Pocket

MSの公式ブログでの記事から、Windows Insider Programに参加していれば無料でWindows 10正式版が入手できるとの記事があります。

しかし、変な解釈をされたと感じたMSは記事を修正しました。

修正記事

修正後について記事になっています。

ITmediaの記事の方がより詳細に説明しています。

MSの公式ブログの記事はこちらです。

誤解の理由

Windows 10 Insider Previewをテストしているユーザーは、正式版がリリースされた後、正式版のISOを使ってクリアインストールできるとのことです。ただし、インストールできるのはWindows 7、Windows 8.1の正式ユーザーのみとされています。

より正確には、Windows 7かWindows 8.1をインストールして認証したPCにWindows 10 Insider Previewをインストールしている場合は、正式版Windows 10をクリアインストールできるとのことです。

こんなことは当たり前で、Windows 10 Insider Programに参加しているかどうかなど関係ないことです。

MSとしてはPCを使うならWindowsを買うのは当然でWindows 10 Insider PreviewをインストールしているPC用にもWindowsは当然買っているという前提で7/29以降の対処方法を記していたようです。

しかし自作PCユーザーは、あと1ヶ月程度でWindows 10が発売することがわかっているのにWindows 8.1など買いません。とりあえずWindows 10 Insider Previewなどで動作確認してWindows 10正式版が出てからDSP版を買うというユーザーが多いでしょう。自作PCユーザーから見ればWindows 10をタダで入手できるとなればDSP版を買わずに済みますので騒ぎとなりました。

PCを買えばWindowsを買うのは当然と考えるMSと、PCを買ってもどのOSをインストールするかはユーザーの自由と考える自作PCユーザーとの認識のズレが招いた誤解でしょう。

以前にWindowsのベータ版テスト終了後にベータテスターに正式ライセンスを提供することがありました。また、Windows 10に関してはWindows 8やWindows 7を減らすことが目的なので、MSがOSで金を取ろうとはあまり考えていないように思えます。なのに騒ぎになったことでWindows 10 Insider Program参加者に正式ライセンスが配布されることはなくなりました。

更に続く問題発言

また、MSの公式ブログではWindows 10 Insider Programは2015/7/29以降も続くと記しています。

通常、WindowsのベータテストはRTMの完成を以って終了します。Windows 8.1 Updateのように大きな変更を行う場合は新たなベータテストをその都度行います。

しかし、Windows 10 Insider Programが続くということは実質、RTMというものが存在しないことになります。2015/7/29にリリースされるものは、ある時点でのスナップショットリリースということです。

こうなると、Windows 7やWindows 8.1からアップグレードするユーザーは、強制的にWindows 10 Insider Programに参加させられるようなものです。

まさに「モルモット」です。

一般ユーザーには、このような認識は無いでしょう。

まとめ

自作PCユーザーはWindows 8.1でお茶を濁すか、DSP版を買わずにWindows 10 Insider Programで安定するのを待った方がよいかもしれません。

Windows 10 Insider Programに参加する場合はこちらからです。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ