FREETEL SIMは当日開通なのでMNPは月末に

Pocket

そろそろ大手キャリアは解約し、MVNOに移行しようと考えて切り替え日を調べているのですが、24時間弱は使えない期間が発生しそうです。

解約日

ドコモの契約を詳しく見てみると、新規で契約した月だけは日割り計算をするとあり、それ以外では日割り計算されないことになります。

こちらの料金表のページの下に細かく書かれている中の[基本プランについて]の部分にある「提供条件書(基本プラン)」というPDFへのリンクから「提供条件書(基本プラン)」をよく見てみるとわかります。

従って、解約するなら月の末日がよいことになります。

新規契約日

一方、店頭で受け付けているタイプのMVNOであるFREETEL SIMは契約当日に開通し、日割り計算されないとのことです。

その他にも細かい制約がありますが、それらはこちらを読むとわかります。

したがって、従って新規契約するなら月初めの1日がよいことになります。

MNPは月末

大手キャリアも解約は日割り計算されませんので、MNPを行った月は転出のキャリアと転入のキャリアの両方で1ヶ月分の料金が請求されます。大手キャリアの方が料金は高いので月末に移る人が多いとのことです。

通話不可期間

MNPではなく安く済ませる場合は、月末に大手キャリアを解約して月初めにMVNOと契約しますので、月末の解約から翌月の契約までの24時間弱はスマホが使えなくなります。

まとめ

MVNOに移ることを考えるなら、解約、契約の実施日、MNPの必要性などを考えてみた方がよいでしょう。

自宅からネットでMNPを実施できるSIMもあるので料金形態なども合わせて自分の要望に合うMVNOを探してみた方がよいでしょう。

関連記事:

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*