FREETEL

Solomonレビュー[redémarrage]

FREETELを他社が妨害?MVNOの潰し合いが本格化

 

Pocket

FREETELの速度低下を引き起こした異常な利用についての考察がITmediaに記載されています。

その中で、この異常な通信が業者によるものとの回答を得ており、妨害工作であることは明らかです。

ITmediaの記事

ITmediaでの記事は以下となります。

事件については、

「FREETEL SIM」を展開するプラスワン・マーケティングは、3月9日に、一部のユーザーの異常な利用によって、速度の低下が起きていることを発表した。一部サイトでダウンロードが遅くなるという影響が出ており、発表時の3月9日時点で、10日間に及んでいたという。プラスワン・マーケティングの発表によると、当該ユーザーに対しては、警告や利用の停止に加え、法的措置を取っていくという。

とあるように、他者に影響が出るほどの異常な通信を10日間も続けていたとのことです。

記事の中でこの中で、プラスワン・マーケティングの広報担当に問い合わせており、

「当社のネットワークに、故意に負担を与える利用が確認された」ことが、その理由だという。ただし、詳細に関しては「ネットワークのセキュリティに関する事項のため、お伝えすることができない」と、真相はやぶの中だ。

と詳細は秘匿されています。ただし、記事では、

今回の不正な通信には“業者”が関与していることも明かした。

と記しています。

犯人は誰なのか。MVNOの親であるdocomoにとってMVNOの契約者数はdocomoの契約者数に含まれるため、妨害などする意味はありません。

そうなると、競合MVNO同士の潰し合いということになります。

MVNOのシェア

MMD研究所の2016年3月版データによると、1位OCNモバイルONE、2位楽天モバイル、3位IIJmio、4位BIGLOBE SIM、5位mineoとなっており、FREETELは10位です。

それなのにFREETELが狙われるということは、FREETELが今後の脅威となり得る有力なMVNOであると判断されたとうことです。

ちなみに、ほぼ1年前のデータは以下の通りです。

まとめ

FREETELはプランやサービスが魅力的なのですが、どうも体制整備が遅れているようです。大手MVNO他社は既にあるWEBシステムにプランを追加したり、光回線などのWEBシステムを流用したりができますが、新規参入組はそれらの構築から始めなければなりません。

確かにそれらが整えばFREETELのプランとサービスは脅威となるでしょう。今後もMVNOの潰し合いは続くでしょうし、そのとばっちりで通信障害の影響を受ける可能性はあります。

しかし、競合他社が脅威と感じるFREETELはそれだけ魅力的なSIMであるということです。

関連記事:

Pocket

 

   MVNO    コメント 0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ