Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 7/8/8.1/10での「隠しファイル」の表示方法

 

Pocket

通常の操作では行えない設定やファイルのバックアップなどでは、「隠しファイル」を表示する必要がある場合があります。

ここでは、その表示方法について説明します。

Windows 10

エクスプローラーを起動して左のナビゲート部分でシステムドライブ(C:)を選択します。

hide_file_Win10_01

ウィンドウの上部の「表示」をクリックして「表示タブ」を選択します。

hide_file_Win10_02

「表示/非表示」グループの「隠しファイル」にチェックを入れます。

これですべてのドライブとフォルダーで隠しファイル、隠しフォルダーが表示されるようになります。

なお、「隠しファイル」という項目の上にある「ファイル名拡張子」にも必ずチェックを入れておいてください。ウィルスに感染しないように何のファイルなのか見分けるために必要です。

hide_file_Win10_03

Windows 8/8.1

エクスプローラーを起動して左のナビゲート部分でシステムドライブ(C:)を選択します。

hide_file_Win8_01

ウィンドウの上部の「表示」をクリックして「表示タブ」を選択します。

hide_file_Win8_02

「表示/非表示」グループの「隠しファイル」にチェックを入れます。

これですべてのドライブとフォルダーで隠しファイル、隠しフォルダーが表示されるようになります。

なお、「隠しファイル」という項目の上にある「ファイル名拡張子」にも必ずチェックを入れておいてください。ウィルスに感染しないように何のファイルなのか見分けるために必要です。

hide_file_Win8_03

Windows 7

エクスプローラーを起動して左のナビゲート部分でシステムドライブ(C:)を選択します。

hide_file_Win7_01

ウィンドウの上部のメニューで「整理」をクリックしてから「フォルダーと検索のオプション」をクリックします。

hide_file_Win7_02

「フォルダーオプション」ダイアログが表示されるので、「表示」タブを選択し、

「詳細設定」グループで「ファイルとフォルダーの表示」部分で「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択して、

「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。

これですべてのドライブとフォルダーで隠しファイル、隠しフォルダーが表示されるようになります。

hide_file_Win7_03

まとめ

いろいろな設定などは決まりも無くソフトごとにいろいろな場所に保存されています。そして通常は見えないように隠しファイルとして保存されています。

いろいろなテクニックを使う基本ですので参考にしてください。

注意点はWindows 7までは基本的に「OK」または「適用」をクリックするまで有効とはならなかったのですが、Windows 8以降、即時反映されるものと従来通り「適用する」をクリックしなければならないものが混在しており、紛らわしくなっています。

なお、誤って重要なファイルを消してしまうのが怖い場合は、必要な操作をした後、元に戻すようにしてください。

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ