Skylake発売、メモリーの買い替えも必要

Pocket

2015年8月5日の21:00からSkylakeとIntel 100シリーズM/Bの販売が解禁となるようです。

ただ、数週間待った方がよいかもしれません。

メモリーの問題

Intel 100シリーズのチップセットはDDR3とDDR4のどちらでも使えるようなのですが、Z170など高価なM/BはDDR4専用になるようです。

DDR3LとDDR4のどちらかを選択できるM/Bも発売されるようですが、その場合は、どちらか2枚までということになりそうです。

DDR3L専用のM/Bもでるようですが安価なチップセットでしか採用されないようです。その上、DDR3ではなく、Low VoltageタイプのDDR3Lですので使い回しはできないでしょう。DDR3LではなくDDR3対応となりました。

どちらにしてもM/B上のメモリーソケットは4枚までということです。

下手にDDR3LのM/Bを買ってしまうと、またM/Bを買い替えることになります。急激にDDR4の値段も下がって来ていますので、急ぐと損をする可能性があります。

DDR4の購入にはスピードに注意する必要があります。安価なものは遅いです。

ここで安いと言われているものはDDR4-2400です。Z170用のDDR4は、DDR4-3400からDDR4-3600です。

「窓辺とおこ」セット

DSP版発売日には間に合わなかった「窓辺とおこ」の新ビジュアルと声優の野中藍さんの声が入った限定セットが発売されるのは確かですが、名前を募集していたWindows Navi+事務局からこのようなメールが届いていると思います。

7月末のご提供を予定しておりました、参加賞の「 Windows デスクトップ背景(壁紙)用の新キャラクターのラフデザイン」につきまして、誠に申し訳ございませんが、諸事情により8月20日頃のご提供とさせていただく運びとなりました。

ラフデザインで8/20ですので、「窓辺とおこ」製品は9月以降になるのでしょう。

こちらの記事によると、

すべての仕事を終えた後、あるベテラン店員さんは「集まった人の数は8と比べて少なかったですけど、個人的には成功だと思いますね。あのときはマイクロソフトさんからの潤沢な資金があったうえでの盛り上がりでしたが、今回は草の根で盛り上げていったところがありますから」と満足げに語っていた。

とのことで、DSP版発売時にはMSからあまり金が出ていないようですので、大々的な宣伝はSkylakeを積んだメーカー製PCやSurface Pro 4の発売に時期を合わせるのかもしれません。

ちょうどiPhoneやiPadの発売時期とぶつかりますので、大々的な宣伝で少しでもAppleのシェアを下げてWindows Phoneを出しやすくするのが狙いかもしれません。

まとめ

Skylakeに乗り換えるにはCPU、M/B、DDR4と結構お金がかかりますので、値動きを見て買った方がよいでしょう。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*