Windows Home Server、LE200(旧サイト・アーカイブ)

Windows Home Serverは昨年英語版が発売されましたが手を出しませんでした。大きな理由は、マイクロソフトは言語変更のアップグレードパスを用意しないからです。どうせ日本語版が出るのだからそれまでは手を出さないでおこうと待っていましたが1年かかりました。でも、やはりアップグレードパスは提供されませんでした。

ここでは、XC μBOX LE200に英語版のWindows Home Serverを導入した状態で気づいた点について記します。(日本語版は入手しましたが、まずは評価目的のため評価版をと考えたのですが、評価版は英語版しか提供されていません)

まずハードウエアですが、出来るだけ消費電力が低いもの、ただしバックアップ用にHDDも増設できるように電源がしっかりしたものということで、AOpenのXC μBOX LE200を選択しました。電源はACアダプターではなく150Wのものが搭載されています。また、3.5インチベイが2個あります。マザーボードはインテルのminiITXのD945GCLFでシングルコアのAtomが搭載されています。ちょうどキューブタイプのケースの高さが半分になった程度の大きさで、奥行きはそれなりにあります。miniITXのケースということで後々転用が効きそうですが注意点があります。

AOpen-LE200-01

ちょっとわかりにくいですが、右の金属部分が3.5インチドライブベイでマザーとの隙間がほとんどありません。そのため、MSIのWind BoardのようにminiITXより少しでも大きなマザーボードは入りません。

冷却は、電源のFANとチップセットのFANの2つですが、ケースの右側にFANを2個増設できるような構造になっています。これは上位のLE300で使われているのかもしれません。

AOpen-LE200-02

前面パネルの裏にはUSBドングルを取り付けるためのUSBコネクタのスペースがありますが、D945GCLFにはボード上のUSBコネクタは1組(2ポート)しかないため、前面パネル左のコネクタに配線され、ここにはUSBコネクタは実装されていません。DualCore AtomのD945GCLF2には基板上のUSBコネクタは2組(4ポート)実装されているので、上位のLE210にはUSBドングル用のUSBコネクタが実装されていることが期待できます。

AOpen-LE200-03

AOpen-LE200-04

今回、バックアップサーバーとすることも考え、Giga-Bit Ether Cardを増設し、メモリーはDDR2-667 2GB、HDDは、WesternDigitalのWD5000AACSという構成としました。

この構成で、Windows Home Serverが立ち上がると、43Wでした。ACアダプタータイプのAtomマシンが30W程度ですので5割ほど大きいことになります。あと、音ですが、電源FANもチップセットFANも小さいためか結構五月蠅いです。

あと、LE200の注意点ですが、BIOSにシステムの名前であるμBOX LE200などが書き込まれていますので、後々売却する可能性がある場合は、注意が必要です。


ここからWindows Home Serverの話になりますが、Windows Home Serverで出来ることは、主に

  • クライアントPCのバックアップ
  • フォルダー共有
  • リモートデスクトップ接続ゲートウエイ

となりますが、フォルダー共有はインターネット経由でも行えます。インターネット経由でのアクセスということでセキュリティの心配があったのですが、この点は問題ないという結論に達しました。

理由は、まず、Windows Home Serverをインストール後、設定画面からLive IDに紐付ける形で、homeserver.comのホスト名を取得します。すると、自動的にサーバー証明書が取得されインストールされます。

AOpen-LE200-05

既にIEなどに登録されているルート認証機関の発行する有効期間5年のサーバー証明書です。正式なサーバー証明書は結構高価なので、無料で済ませるために自分で認証局を立て、友人などとやり取りするためにルート証明書を配布するなどの手間もかかりません。この点を考えると、Windows Home Serverは結構安いのかもしれません。

インターネットからのアクセスには、80,443,4125の3つのポートを開けておく必要がありますが、必ずSSL通信を使うこととすれば、80は開ける必要はありません。4125はリモートデスクトップ接続ゲートウエイに必要なため、この機能を使わなければ閉じておいて構いません。

したがって、先ほどのサーバー証明書のおかげで、難しいことは考えず、443だけ開けておいて、IEから

https://?????.homeserver.com/

とアクセスしログオンすれば、IEでのフォルダー共有がインターネット経由で行えます。

ICH7R, ICH9R(3)(旧サイト・アーカイブ)

ICH7R,ICH9Rの問題は、障害発生時に出来ることが限られていることでしょう。RAID-BIOSから出来ることはRAIDボリュームの作成、変更、削除だけですから。

先日とうとうRAID-1(MIRROR)のシステムボリュームが壊れました。と言っても、HDDが壊れたわけではなく、ボリュームが壊れたと認識されただけです。そこでの復旧手順を参考に掲載します。

RAID-1ボリュームを組んでいて、正常にシャットダウンが行われないとRAIDドライバー(Windows起動時に読み込まれるドライバーで、RAID-BIOSではありません)が、

  • Normal:問題なし
  • Verify:要確認
  • Fail:復旧不可

とRAIDボリュームにマークを付けてしまいます。

VerifyとマークされるとHDD間のデータ比較が開始され、250GBのHDDで100分程度、まともに動作しなくなります。この場合は、PCの起動画面から、CTRL-IでRAID-BIOSに入り、信頼できるHDDを残して、もう1台のHDDをRAIDボリュームから外し、OS起動後、再度、RAIDを組んだ方がPCを使用できない時間が短くなります。

問題は、Failとマークされた場合です。RAID-BIOSからはマークされたFailを解除する方法は無く、システムボリュームの場合、起動不可にマークされるため、OSも起動できないので万事休すです。

RAID-1に限られますがFailからの復旧方法です。BIOSでIDEモードをRAIDにしている場合、RAID-1を構成するHDDはボリュームから外して単体のHDDと認識させても起動できます。したがって、手順は以下となります。

1.PCの起動画面でCTRL-IでRAID-BIOSに入り、RAID-1ボリュームを削除します。構成メンバーのHDDは単体Non-RAID Memberと認識されます。なお、Windowsで再認証を行わせないために、RAIDボリューム名は覚えておいて下さい。

2.リセットし、BIOSに入って、RAIDメンバーだったHDDから起動するようにBOOTデバイスの設定を行います。

3.BIOSを抜けてOSを起動します。

4.OSが立ち上がったら、Intel(R) Matrix Storage Consoleを起動します。メニューの「表示」から、「詳細モード」を選択します。

5.メニューから「アクション」「既存のハードドライブからのRAIDボリュームの作成」を開始します。以下、ダイアログを掲載して説明します

6.「次へ」をクリックします
RAID-1s

7.1で覚えておいた以前と同様のRAIDボリューム名を入力し、RAIDレベルを設定し「次へ」をクリックします。
RAID-2s

8.「利用可能」のボックスからRAIDに移行するHDD(現在OSを起動しているHDD)を選択し、「→」をクリックして「選択済み」のボックスに移して「次へ」をクリックします。
RAID-3s

9.「利用可能」のボックスでRAIDを組むもう1台のHDDを選択し、「→」をクリックして「選択済み」のボックスに移して「次へ」をクリックします。
RAID-4s

10.ここでは変更できる項目は無いので「次へ」をクリックします。
RAID-5s

11.このダイアログで「完了」をクリックすると、RAIDボリュームの構築を開始します。
RAID-6s

12.PCは通常通り使えますが、ボリューム作成中にハングアップするなど障害が発生するとやり直しとなりますので、ただ待ちましょう。Intel(R) Matrix Storage Consoleで「ボリューム」の下にある作成中のボリューム名を右クリックし、メニューから「移行の進行状況を表示」をクリックすると、このダイアログが表示されますので、完了までのおおよその時間がわかります。(ここでは500GBのHDDで構成した場合)
RAID-7

13.OSから再認証が必要とのダイアログが出てもキャンセルします。

14.RAIDボリュームの作成が完了したら、再起動し、BIOSに入って起動ドライブを作成したRAIDボリュームに戻してから、OSを起動します。

15.OSから再認証が必要とのダイアログが出てしまう場合は、仕方ないので認証します。ネットワーク認証に失敗する場合は、電話での認証に進むと、マイクロソフトのオペレーターにつなぐ方法が電話でアナウンスされるので、オペレータにつなぎ、PCの故障による再認証であることを伝えると再認証出来るようにしてもらえるのでオペレーターの指示に従い、再認証を行います。

以上、Fail状態からの復旧方法ですが、壊れて良い機会なので、RAIDを捨て単体HDDの運用に移行しようとも考えましたが、RAID-1なら、いつでも単体HDDに移行可能であることがわかりましたので、当面、RAID-1での運用を続けようと思います。

HDDの寿命(旧サイト・アーカイブ)

ハードディスク(以下HDD)は本当に安くなりました。FM-TOWNSを使っていたころは、340MBの外付けSCSIディスクを35,000円で購入した記憶があります。これでも足りなくなりバルクの1GBのBarracudaを7万円で購入し換装しました。HDDのトラブルの歴史はここから始まります。

当時多かったトラブルは、モーターのトルク不足でスピンアップしないことでした。こういう角度でこう振り回すとよいとか、噂が流れていましたが、結局、水平に置き、スピンアップしなければ電源の入れなおしを繰り返していました。このHDDは最後までRead/Writeエラーは発生しませんでした。

そのあとは時間が開くのですが、TV番組をDVテープで録画しIEEE1394経由でキャプチャしてVideo for WindowsでCinepakに圧縮したりしていましたが、DVテープからHDDに記録媒体を変更しようという気にはなりませんでした。

ところが、NECからPK-AX10が発売になり一転、Windowsのファイル共有でコピーするだけで、HDDにTV番組を保存できることから、DVテープ録画からHDD録画に移行しました。

ここで、大量のHDDを必要としましたが、まだ、NASが発売されておらず、Windows2000をNAS代わりに1台立てました。外付けのHDDとして挑戦者のSOTO-3.5iEにMaxtorの80GBを積んで録画データをため込んでいたのですが、4ヶ月で壊れました。このSOTO-3.5iEは表面のアルミ板で放熱する構造でファンが付いていません。当時は最近の猛暑ほどではありませんでしたが、昼間の室温は30度程度まで上昇し、ケースも触れないほど熱くなっていました。幸い保証期間内だったので良品と交換してもらえましたが、番組データはすべて消えました。販売店も熱のせいではと言っていました。

ここで、会社の設計用のサーバー設備の導入に係わっている人から、「普通のHDDは1日8時間稼働させて1年が寿命、サーバー用途のHDDは24時間稼働させて1年が寿命」との話を聞きました。1日8時間稼働させるというのは、16時間は休ませるということで、連続稼働させると更に短くなるそうです。

私のHDDは確かに24時間稼働させて4ヶ月で壊れたことで計算はあっています。

この経験から「HDDは熱に弱い」という点と、「サーバー向けは長寿命」という点を信じ込み、MaxtorのMaxLineシリーズを購入するようになりました。しかし、ICH7R、ICH9Rで書いたように壊れてはいないのに認識エラーとなるなど、おかしな現象に遭遇し、MaxLineも何かおかしいのではと思っていたところ、ヒントが、これdo台PROの取扱説明書にありました。要点は、Maxtor製(SeagateブランドのMaxtor設計のHDDも含む)はHDDを置く位置や角度等によって速度が変わる現象を確認しているとのこと。Maxtor製HDDには問題がありそうなので、現状はWesternDigitalに変えて様子をみています。

日立にしないのは、複合機の修理で来たXEROXのサービスマンがHDDがIBM製造から日立製造に変わってから、品質が落ちたとボヤいていたからです。

では、Maxtor以外のHDDを十分冷やして使えばよいのかと言うと、これも違います。「Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界」(技術評論社)を読むと、どういうものが壊れやすいかという明確な傾向がつかめなかったようです。これは日々HDDの特性(HDDの設計方針と言えるかもしれません)が変わっており、製造時期(モデル)によって同じメーカーでも特性の傾向が異なるためのようです。

ちなみに、最近のHDDは前記本によると30~40度が安定する温度とのことです。これは、私も確認しており、システムボリュームをRAID-1で構成した時は、HDDの認識エラーが頻繁に発生しましたが、最近は認識エラーは起きなくなりました。構築したのが1月で、安定したのが4月です。

また、PC Japanによると、最近のHDDは頻繁にモーターを停止させても壊れない設計になっているとのこと。昔は長期連休でサーバーを止めると休み明けに立ち上げると数台のHDDが故障したため、最近は長期連休でもサーバーを止めない傾向にあります。

まとめると、HDDの寿命を伸ばすには、製造時期ごとに対処策が異なり、最近のHDDはHDDが30~40度となる環境で使用し、使用していない場合はHDDのモーターを停止させると良いということになります。注意点は購入時期ではなく製造時期で判断するということです。

 

ICH7R, ICH9R(2)(旧サイト・アーカイブ)

保存データのチップセットRAIDでの保管は諦めましたが、OSが死んだ時もやはり復旧に手間がかかりますので、OSだけでも保護しようとICH9RでRAID1(ミラー)を構成したのが間違いでした。通常SIがサーバーを構成すると、OS領域はRAID1、データ領域はRAID5が定番です。

今年の1月に組んだのですが、PC起動時に、RAIDを組んだ2台のうち1台が認識されないことが頻繁にありました。HDDの問題かと、同時期に購入したHDDと交換してみましたが、変わりありません。

OSをRAID1とした場合、認識されていなければ、縮退状態で起動はしますが、保護されていませんでの一度電源を切り、再起動して認識させます。ICH9Rは一度でもHDDが無い状態になるとRAIDの状態を「Check、確認」か「Rebuild、再構築」とマーキングしてしまいます。この状態になると、OSにドライバーがロードされると、すぐに「Check」か「Rebuild」の状態に入ります。Intelのドライバーがもう少しよく考えられていればよいのですが、この動作は、何よりも優先されて動作するため、OSの起動すら阻害します。OSのモジュールのHDDからの読み出しも阻害され、「Check」、「ReBuild」が最優先で走ります。

こうなると、OSにログオンして安定するまで私のPCで40分程度かかります。モジュールのダウンロードも阻害されるため、しばしば、Windows2000のような画面になってしまいます。

教訓としては、チップセットでシステムHDDをRAID1で組んではいけないということです。RAID0やRAID5ならアクセスが分散されるのでこれほどまでに遅くなることはありません。

一般的にチップセットのRAIDはパフォーマンスが悪いので使わない方がよいというのが定説ですが、耐障害性からも、使うべきではないようです。

ICH7R, ICH9R(1)(旧サイト・アーカイブ)

それまでTV番組のライブラリーはベータとVHSで録っていましたが、画質を追及してDVに移行しました。DVフォーマットの中身はMotionJPEGですから、IEEE1394でPCに転送すれば自由に扱えたのですが、データの大きさからDVでの保管となりました。

これがNECのPK-AX10を購入してから一変しました。当時としては高画質の録画データがWindowsのファイルコピーでHDDに保存できるのですから。HDDに録り貯めていったところやはりHDDの容量の問題にぶつかりました。HDDは壊れる物ですので、何かしらの対策が必要ですが、チップセットでRAID5をサポートしたICH7Rが出て飛びつきました。

ここからがICH7R,ICH9RのRAIDで経験した教訓です。

まず、冗長容量をケチるため250GBを4台でRAID5を構成しました。マザーから直接HDDにSATAケーブルで接続している時は良かったのですが、HDDのメンテナンスがし難いことから、エンクロージャーケース(5インチベイ3段に4台や5台のHDDを前面から交換できるユニット)にしてから問題が発生しました。

比較的低速で、コンスタントに大容量のファイルを書き込み続けていると1台のHDDのアクセスランプが点灯したままでPCから認識されなくなります。これはMSのサブスクライバーダウンロードというMS製品すべてがISOイメージで置かれているサイトから何十GBというデータをダウンロードしている時におきました。

RAID5ですので、HDDを交換すればデータの消失はありませんが、調べてみるとHDDは壊れておらず、電源を切り、再起動すると認識され、RAIDの再構築を始めます。これが月に1度程度の割合で発生しました。

RAID5の怖いところは、再構築中はデータが保護されていないことです。企業のサーバーではよくあるとのことですが、多重障害、RAIDの再構築中に別のHDDが壊れデータが消失することがあるそうです。

私もICH7RでのRAID5構成で一度経験しました。750GBのデータなどバックアップしていませんので、真っ青になっていろいろやってどうにか復旧させることが出来ました。

この月に一度のRAID障害は安いエンクロージャーのためではないかと、少々値の張るSuperMicroの物に交換しました。確かに安定はしたのですが、二月に一度と頻度が下がっただけでした。

何故かとエンクロージャーをよく見るとコネクタ付近に埃が付着しています。掃除機で吸ったり、ハケで払ったりしても効果はありません。アルコールで拭き取ると少しの間は安定しました。どうも、エンクロージャーというのは、背面に付いたファンで前面から強力に吸い込むため埃を吸いこんでいるようでした。更に、HDDどうしの間隔が狭いため、風が加速されるようで、単純にファンで吸い込むより遥かに強力に吸い込んでいるようです。実際、7200rpmのHDDを数時間稼働させても、HDDは触ると冷たい状態です。

以上から、私は「SATAのコネクタは埃に弱い」と推測しました。ATAのコネクタのように挟み込む構造ではなく、片側から押し当てる構造ですので、弱いのではないでしょうか。また、エンクロージャーのようにHDDのコネクタをそのまま用いてバックパネルのコネクタと接続する構造は、歪みなどで、端子にかかる圧力が均等とはならず接触不良を起こすのではないかと考えました。

また、チップセットのRAIDであるため、OSが立ち上がらないと修復が行えないので、保存データをチップセットのRAIDに保存することは諦め、BUFFALOのHD-QS2.0TSU2/R5を購入しました。1.5Gbpsで遅いですが、やはり外付けですので安定しています。

なお、ICH7RでRAID5として構成していたHDDですが、マザーをP5Eに変えたことからICH9Rに変わったのですが、そのまま接続したところ、問題なくRAID5ボリュームとして使えました。中のデータもそのままです。

CPU換装とDRM(旧サイト・アーカイブ)

3年ほど、Pentium-Dを使っていましたが、DVDもまともに再生できなくなってきたので、CPUを換装しました。Q9450を狙っていましたが、余りにも出荷数が少なく当初からプレミア価格(+¥3000)のため、安定供給されるまで待つこととし、単純にPentium-D 830からCore 2 Duo E8400に同一周波数の世代違いでシフトすることにしました。

本題は、CPUを換装したところストリーム放送が再生できなくなったこと。

Gyaoのトップを表示するとIEが落ちます。メッセージを参考に検索したり、修復ポイントで戻したりしてもだめです。OSはVista64ですが、Virtual PC上のWindows XP32も同様なので、CPU換装によるものだと見当はついていたのですが。

で、今日、アドオンの管理からWindows Media Playerを無効にし、BANDAICHANNELを見ていたところ、プロモーションビデオなどDRMのかかっていないものは問題なく再生できることから、DRMの初期化が必要なのだと目星をつけ検索するとありました。

結論としては、CPUを換装した場合は、

  1. 「C:\ProgramData\Microsoft\Windows\DRM」の下のファイルをすべて削除
  2. Gyaoなどでストリーム放送を再生しようとすると表示されるメッセージに従い、DRMを更新

以上で、見れるようになりました。隠しフォルダーの表示とか、Windows DRMの自動更新とか、標準と設定を変えていると進まない場合がありますが、詳細は、「DRM Vista 削除」で検索して先人のBlogを参照して下さい。


追記

Windows XPのDRMフォルダーは、

C:\Documents and Settings\All Users\DRM

とのことです。同様の手順でVirtual PC上のWindows XPも直りました。

1 8 9 10