dアニメストア 使い方次第では、時間とお金の節約にも(旧サイト・アーカイブ)

ネットでの有料ビデオ配信が始まってから随分経ちます。最初はMPEG1のVHSビデオ以下の画質に金など払えるかと思っていましたが、光回線が普及し回線速度が向上したことにより、画質も向上し4K配信も始まっています。

dtab d-01Gの購入条件として入会させられたdアニメストアですが、「初回31日間無料」で使ってみて、アニメの有料ネット配信も使い方次第では、時間とお金の節約になる場合もあるかもと思えることがありました。

» Read more

iTunes Cardキャンペーン(旧サイト・アーカイブ)

半年ほど前に行われたのと同様のiTunes Cardのキャンペーンが、ヨドバシカメラで行われています。

新デザイン発売記念とのことで、同一金額のカードを2枚購入すると、2枚目が半額、すなわち、実質25%OFFということになります。

ヨドバシドットコムでは、10,000円のカード2枚を15,000円で販売しています。

店頭では、3,000円または5,000円のカードが対象で、1,500円、10,000円のカードは対象外です。

一人1日1セット(3,000円2枚または5,000円2枚のどちらか)の販売で、数量限定とのことです。

前回は、期間限定だったのですが、Appleからクレームが入ったそうで、期限前に終わってしまいました。今回は一人あたりの購入額の制限と、総販売枚数が制限されているようです。

私の場合は、App Storeでのアプリ購入はそれほどないだろうと思っていたのですが、楽曲購入とBOOK☆WALKERでの書籍購入で思った以上に使ってしまいました。

iTunes Cardはチャージ制で期限はありません。Apple IDにチャージされ、チャージが残っている場合は、チャージから、無くなれば登録されたクレジットカードから代金が引かれます。

クレジットカードの登録を「なし」とすることで、子供のアカウントなど、iTunes Cardでチャージした金額までしか使えないように制限をかけることが出来ます。

台数の制限はありますが、家族で1つのApple IDを使い、支払いを共通化することもできます。その場合でもiCloud用のApple IDは別に設定できるので、バックアップは個々に行うことが出来ます。

購入したアプリなどは、Nintendo(引っ越し回数は5回まで)と違い、機器ではなく、Apple IDに紐づくため、iPhoneやiPod touchを何度買い替えても、投資は無駄になりません。

なお、このキャンペーンを逃したとしても、西友などの5%OFFの日にセゾンカードで購入すればiTunes Cardも5%OFFで購入は出来ます。他の店でも同様の割引きがあれば、適用できるかもしれません。

AirPrint対応(旧サイト・アーカイブ)

昨日、ブラザーからのメールで、2011年12月からマイミーオもAirPrintに対応するとのことです。

Canon、Epsonは既に対応していますし、HPは当初から対応していますので、主要プリンターメーカーのAirPrint対応は完了したことになります。

ただし、HPを除いて、対応は今冬発売の機種からです。昨年以前に発売された機種はどれも対応されません。

PC経由でAirPrintは使用できますが、節電のためにもプリントのために、PCを起動させるのは考えものです。

ちなみに、以前使っていたEpsonのプリンターを燃えないゴミとして廃棄するために分解したところ、クリーニングで使われたインクを吸い込むスポンジのようなものが吸いきれず、本体内にインクが溢れ出ていました。

現行機種もクリーニングに使われるインクの処理は同じですので、機械部分が壊れていなくても、寿命はあるようです。

プリンターは、インクで儲けるビジネスモデルなので、本体は消耗品と割り切り、インクが無くなった時点で買い替えるべきなのでしょうか。