メンズシェーバー Panasonic 5枚刃ラムダッシュ ES-LV9A/CLV9A

BRAUN、Philipsのシェーバーを経てPanasonicのシェーバーに落ち着いたのですが、外刃の交換時期になり、洗浄カートリッジのコストも気になっていたので新型に買い替えることにしました。

今回新たに搭載されたスムースローラーの効果は大きく、なめらかに早く剃ることができます。
» Read more

KING JIMの「デジタルまいごひも」過信は禁物(旧サイト・アーカイブ)

ポメラなどユニークな商品を発売しているKING JIMから「デジタルまいごひも」が発売になります。Bluetooth通信を用いたアラーム子機です。

同様の製品は他社からも発売されていましたが、今回はターゲットを「子供を持つ母親」としているところに問題があります。大変危険ですので使ってはいけません。

» Read more

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ 本体の修理または対処方法(旧サイト・アーカイブ)

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープを使っていると、泡として出なくなることがあります。一度こうなると二度と泡では出なくなります。

自分で修理出来ないかと分解して調べてみましたが、構造上、修理は諦めた方が良さそうです。

対処方法としてはメーカーに問い合わせて交換してもらうか、買い換えるかのどちらかになります。

» Read more

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ ボトルの詰め替え方(旧サイト・アーカイブ)

汚れた手を洗う時にポンプ式の液体石鹸を使うと容器が汚れてしまいますが、デパートのトイレなどにあるような手をかざすだけで石鹸が出てくるものがあれば容器を汚すこともありません。

ミューズノータッチは安価に、それを実現した製品ですが交換用のボトルが高価なので、詰め替えられないか試してみました。
» Read more

メンズシェーバー(ブラウン、フィリップス、パナソニック)(旧サイト・アーカイブ)

※ラムダッシュの写真差し替え(2015/2/26)

メンズシェーバーは、毎日使うものですが、肌が弱いと選ぶのにも結構苦労します。肌の質は人によって大きく違い、ある人が良いと言うものでも、自分の肌には合わない場合もあります。参考にならないかもしれませんが、私の場合は、パナソニックのラムダッシュ5枚刃に落ち着きました。

ブラウン

実家に居たころは、親のシェーバーを使っていました。今考えれば、皮膚病の感染の心配もあるので、家族でも各人が自分のシェーバーを持つべきだと思います。親はブラウンのシェーバーを使っていたので、考えることもなく、実家を出てからもブラウンのシェーバーを買って使っていました。

そう壊れるものではないので、よい物をと、プロソニック、シリーズ7と壊れては買い換えていきました。ブラウンのシェーバーは進化する過程で、困ったことが起きました。トリマーです。

Mens-Shaver-Braun-01

Mens-Shaver-Braun-02

トリマーとは、2つの網刃の間にある刃です。肌が弱いため、よく吹き出物が出来るのですが、気を付けないと、トリマーが、吹き出物を切断してしまいます。ブラウンは、くせヒゲトリマーが付くようになってから、髭剃りが終わると血だらけになっていることがよくありました。

フィリップス

誰から聞いたのか、フィリップスのシェーバーは肌に優しいということで、ブラウンのシリーズ7が壊れたので、試しに、センソタッチ3Dを買ってみました。

ブラウンと違って、円を描くように剃っていくのですが、肌に貼り付いて、うまく円を描くように動かせません。そのためか、ブラウンに比べて剃り終わるまでの時間が長くなりました。感覚としては、ブラウンが芝刈り機だとすると、フィリップスは鎌で芝を刈っているような感じです。あと、剃り終わった後、やけに肌全体ががヒリヒリしました。また、顎の裏、ちょうど先端部分がどうしても剃れず、剃り残しがでてしまいました。

1か月使ってみたのですが、肌がボロボロになり、しばらく髭が剃れない状態になりました。原因は、2つあります。センソタッチ3Dの刃はカミソリでいうところの2枚刃でした。

Mens-Shaver-Philips-01

Mens-Shaver-Philips-02

スーパーリフト&カットと言っていますが、髭を毛穴から持ち上げて剃っていたのです。剃り終わった後、肌全体がヒリヒリしていたのは、スーパーリフト&カットが原因でした。現行製品である9000シリーズにも搭載されています。

もう1つは、ウルトラトラックヘッドと言って、よく見ると、ブラウンのトリマーと同様の構造がありました。これにより吹き出物が切断されていたようです。9000シリーズには機能として紹介されていませんが、刃の形状を見ると同様の機能となっているようです。

Mens-Shaver-Philips-03

Mens-Shaver-Philips-04

パナソニック

仕方ないので、フィリップスは使うのをやめ、新しいものを買うことにしました。親に聞いてみたところ、今はパナソニックのシェーバーを使っているとのこと。理由は網刃の穴が一番小さいからとのことでした。

買うならよい物をと考えていたので、ラムダッシュの5枚刃になるのですが、最初は眼中にありませんでした。理由はあまりにもヘッドが大きく使いにくそうだったからです。しかし、確かにブラウンのくせヒゲトリマーにあたる部分は、刃がしっかりガードされており、間隔も狭くなっています。

Mens-Shaver-Panasonic-01

Mens-Shaver-Panasonic-02

5つ並ぶ刃の中央部分が、ホチキスの針のように、コの字型の外刃が並んだ構造で、その内側を一回り小さいコの字型の内刃が動きます。

ブラウンに戻る前に、試しにとラムダッシュ5枚刃を買ってみました。結果は、肌荒れは格段に少なくなりました。フィリップスのように、剃った後、肌がヒリヒリすることもありません。だからと言って深剃りが出来ていないわけでもありません。

強いて言えば、5枚刃の幅が広いので鼻の下を剃りにくいことと、ヘッドの動きが硬いので肌に追従してヘッドが動かないことがあるぐらいです。

洗浄システムは、ブラウンはカートリッジ交換で簡単ですが、パナソニックは水と混合するので交換がやや面倒です。水と混合する分、洗浄液が少なくなり、洗浄コストが安くなっています。

洗浄液はブラウンでもパナソニックでも、洗浄回数に関係なく、1か月しかもちません。これはシェーバーの稼働時間や稼働間隔などをみて、剃った髭の量と洗浄の程度を調節しているからのようです。

まとめ

最初に書いた通り、肌は人それぞれなので自分に合うものを見つけるのは難しいと思います。肌が弱ければ、売り場での試し剃りなど感染の危険がありますから出来ませんので、少しでも参考になればと思います。

なお、シェーバーは毎年、父の日に向けて値段が下がり、その後、在庫処分して、8月ごろに新製品が出るのが1年のサイクルのようです。amazonも値段は下がって行きますが、父の日の数日前には元の値段に戻ってしまします。父の日に到着しないからだと思われます。

関連記事:

  • メンズシェーバー Panasonic 5枚刃ラムダッシュ ES-LV9A/CLV9A
Amazonで見る

家庭用地震計 GraGraph(旧サイト・アーカイブ)

※ここで説明している製品は2012年3月20日で販売は終了しています。

東日本大震災が起きた時は会社に居たため、自宅がどれほど揺れたのか想像がつかないのですが、本棚の中身が全部飛び出し、100Kg以上のものが持ち上がった形跡も残っていて、自宅にいたら大変なことになっていたと思います。

発表された震災時の自宅近辺の震度を見ても、どう考えてもその震度以上の揺れであったことはわかります。長周期地震動とか共振とかもあるとは思います。では、何か計測できるものは無いかと探して見つけたのがGraGraphです。

家庭用の地震計ですので、地震が予測できるわけでも、携帯の緊急地震速報のように遠くで起きた地震から揺れの到達を教えてくれるわけでもありません。

とりあえず購入して設置してみたところ以下のことがわかりました。

メリット

  • 自宅の構造による地域の震度との相対的な差から大きな地震が来た時の揺れを予想できる
    (私の住居では発表震度に2足した揺れが起きることがわかりました)
  • 携帯の緊急地震速報が届かない余震でも、揺れ始めを検出するので身構えることが出来る
  • リアルタイムで揺れをグラフに表示するので、揺れが収まったか確認できる
  • 大きな音なので寝ている時に起きた場合、揺れではなく音で起こされるので、家具につぶされる前に逃げられる可能性は高くなる

デメリット

  • GraGraphを設置した場所の前を歩くだけで震度1から2を検出してしまう
    (設定で震度3以上でしか警告音を発しないようにはできる)
  • 夜中でも地震を検出すると止めるまで「地震の6つの心得」を再生するので五月蠅い

遠くの地震は、小さく揺れ始めて、段々と揺れが大きくなるように変化しますので、震度1でも検出するように設定しておけば身構えることは出来ます。しかし、日常生活の揺れまで検出してしまうので、結局、震度3以上で警告を発するように設定すると、揺れの早期探知は難しくなります。出来るだけ生活振動が伝わらず、よく見えるところに設置すると効果はあると思います。

9,800円もしますので、上記のようなメリットとデメリットを理解したうえで、購入は検討する必要があります。購入する場合、近くで販売しているところが無いならメーカーの直販が一番安いようです。

カタログ(PDF)

耐震対策(旧サイト・アーカイブ)

東日本大震災で被災された皆様に対して心よりお見舞い申し上げます。

震災当日は、実家に泊めてもらい、翌日、帰宅しました。

帰宅して、まず驚いたのは、80Kg以上ある洗濯機が壁際まで移動していたことです。ゴムの防振台に載せているので普通は押しても動きません。

居室は本などが散乱して片づけないと進めない状態でした。200Kgはある本棚の下に、踏みつぶされたような壊れたCDケースがあったことから、1cm程度は本棚が浮いたと思われます。本棚に付属していた転倒防止のプラスチックの帯は、ねじ穴から裂けていました。

そのような状況の中、天井への突っ張りで支えていた本棚だけは、中の本は飛び出していませんでした。

部屋の状況から、ベランダ側に大きく倒れるように揺れたようです。古い鉄筋の団地で上層階なので、大きく揺れたようです。そのため、ベランダに垂直に置いていたプラズマTVは倒れていませんでした。

また、トイレの棚に、単に置いていたトイレットペーパーは棚から落ちていませんでした。

これらの状況から言えることは、

  • 重いものほど、揺れに追従できず大きく揺れるので、耐震対策が必要
  • 本棚の天井突っ張り器具の耐震効果は高い
  • 揺れる方向を見極めて、家具を配置する必要がある

などです。

考えれば当然ですが、重いものほど動かないという固定概念があったのが失敗でした。

 

最大余震は、スマトラ沖大地震では3ヶ月後に来たそうなので、まだで安心できません。今のうちに耐震対策を進める必要がありますが、どこでも耐震製品が売り切れで、なかなか対策が進みません。

1 2