PS Vita TV単体がまた出回っていますが、何か動きがあるのかも

結局、PS Vitaのマルチ端子は使われず、TVに出力して大画面でゲームをすることはできませんでした。

大画面でPS Vitaのゲームをプレイする公式の唯一の方法はPS Vita TVを使うことです。カメラやタッチパネルを使うゲームはできませんが、それでも楽しめるものは結構あります。

先日まで、PS Vita TV単体での販売が終了して、コントローラーとのセットで買うしかありませんでしたが、何故かまた単体販売が再開されています。
» Read more

PSP、PSVITA、PS3の機器認証(旧サイト・アーカイブ)

年末にPSVITAを購入してから機器認証のトラブルで、いろいろ試したり、SCEインフォメーションセンターに問い合わせたりしていましたが、どうにか解決したので、まとめておきます。

要点

2011年11月18日以前に購入したコンテンツがあるならば、明示的な認証手段と暗黙的な認証手段を使って、2011年11月18日以降でも5台のPS3、5台のPSP(PSVITAを含む)を認証させることが出来ます。

概要

PlayStation3及びPSP (PlayStationPortable)をご利用のお客様へ」で通知されたように2011年11月18日以降は、同じPlayStation Network(以下PSN)アカウントでは、PS3、PSPグループで各2台までの機器で購入したコンテンツを実行することが出来るように変更されました。

問題は、PSVITAがPSPと同一のグループとされたため、PSVITAを認証してしまうと、PSP-1000,2000,3000とPSP Goは同一PSNアカウントでは使うことが出来なくなりました。ただし、それは2011年11月18日以降に購入したコンテンツのみで、それ以前に購入したコンテンツは以下の方法で、PSP-1000,2000,3000とPSP Goで使うことが出来るようになります。

現状確認

ここ、または、MediaGoの「アカウント管理」でSony Entertainment NetworkのサイトにPSNアカウントでサインインします。

SEN-Authentication-01a

上の部分で「機器」をクリックし、左の部分で「PlayStation」をクリックすると、現在、機器認証されている機器が表示されます。ここに表示される名前は、PSPやPS3に設定した名前は反映されません。認証した順に左から表示されます。

メインで使用する機器の選定

PS3やPSPグループで今後もメインで使用する2台を選定します。

PSVITAを買った人は、UMD Passportもありますので、PSVITAとPSP-1000,2000,3000を選択することになると思います。

すべての機器認証の解除

すべての機器の機器認証を解除します。PSP-1000,2000,3000とPSP Goは本体から、または、PCにUSBケーブルで接続してMedia Goから認証解除が行えます。

PS3とPSVITAの認証解除は本体からしか行えません。

人に譲渡したり、売り払って手元に機器が無い、ある事情でファームのアップデートを止めておりPSNに接続できない、などの場合は、Sony Entertainment Networkのサイトで、上の部分で「アカウント」、左の部分で「機器とコンテンツ」をクリックすると、以下のページが表示されます。「Game」の部分をクリックして表示されるページから一括解除が行えます。しかし、この手順は6ケ月に1度しか実行できません。

SEN-Authentication-02a

1、2日待つ

同一PSNアカウントで機器認証と解除を短期間に繰り返すと1週間認証出来ないようにロックがかかってしまいます。PSVITAでは以下の画面が表示されます。エラーコードはPS3、PSPで違います。

SEN-Authentication-05

そのため、解除から1、2日経ってから以下の作業を行います。

メインで使用する機器の明示的な認証

選定した機器を各機器の操作方法に従い機器認証を行います。

この作業ではPS3、PSPグループで各2台以上は認証出来ません。例えばPSVITAを3台目として認証しようとすると、以下のエラーが出ます。他の機器でも似たような動作となり認証できません。

SEN-Authentication-06

メインでは使用しない機器の暗黙的な認証

この作業を行うには、2011年11月18日以前に購入した購入実績が無いと行えません。一部の機器認証を必要とするデモ版のダウンロード実績でも出来る可能性はあります。

メインで使用しない機器で、PlayStation Storeにアクセスし、ダウンロードリストから、2011年11月18日以前に購入したコンテンツを再ダウンロードします。この時、暗黙的な機器認証が行われます。

機器認証されたかどうかは、「週刊トロ・ステーション」を起動することで確認出来ます。「週刊トロ・ステーション」は、機器認証されていない機器では起動出来ません。

うまく認証されない場合は、別のコンテンツをダウンロードリストから再ダウンロードしてみて下さい。一部、認証されていない機器でも実行できるコンテンツがあるようです。

認証機器の確認

再度、ここ、または、MediaGoの「アカウント管理」でSony Entertainment NetworkのサイトにPSNアカウントでサインインします。

SEN-Authentication-01b

上の部分で「機器」をクリックし、左の部分で「PlayStation」をクリックすると、現在、機器認証されている機器が表示されます。認証した順に左から表示されます。機器をクリックすると以下のページが表示されるので「編集」から、わかりやすい名前に変更しておいた方がよいでしょう。

SEN-Authentication-03a

まとめ

以上の方法で、「PlayStation3及びPSP (PlayStationPortable)をご利用のお客様へ」で通知されたことは実現できます。PSPテーマなどPSVITAでは使えない物でも暗黙的な認証を行った機器ではダウンロード出来ませんが、これは諦めるしかありません。

Sony Entertainment Networkのサイトでは3台のPSPグループの機器が認証されているように表示されていますが、明示的な認証を行った機器と、暗黙的な認証を行った機器は、PlayStation Storeでは区別されるため、2011年11月18日以降に購入したコンテンツは暗黙的な認証を行った機器では再ダウンロード出来ません。

PS Vita(旧サイト・アーカイブ)

もう少し経ってからでもいいかなと思っていましたが、トロステーションを後でまとめて見るのは結構大変なので、最初から購入することにしました。PS Vitaのトロステーションのポイントは「みゃイル」ではなく「みんいつポイント」で別にカウントされます。

PSPの別売りGPSの感度が悪かったため、GPS内蔵の3G/WiFiタイプを購入しました。

開封して、まずやることはSIMカードを抜くこと。初期設定で3Gの契約までやらされますが、SIMカードを抜いておくと飛ばされます。WiFiの設定をし、Ver.1.50にファームを上げると、PlayStation Networkに接続できます。基本的にWiFiだけで動作します。外ではモバイルルーターで十分です。

簡単に言うと、PS VitaはPSPの後継機ではなく、Xperia Playの高機能版であると感じました。

まず、初期設定を終わって驚いたのは、コントロールパッドが全く使えないことです。すべてタッチパネルで操作しなければなりません。PSPにタッチパネルが付いたものと考えていたので、画面だけの保護シートを買ったのですが、頻繁に画面をタッチするとなると、画面のまわりも爪で傷つけてしまう可能性があるため、急遽、全体を保護する保護シートに買い替えました。

操作感はスマートホンによく似ています。アイコンが並んだ画面がスマートホンでは横に並んでいるのが、縦に並んでいます。各アプリケーションは修了せずバックグラウンドで動作し、アプリケーションをめくるというか、剥がす動作でアプリを終了させます。ゲームなどはバックグラウンドになると中断した状態で待機しています。

GPSは携帯のGPSなどと同様にまず荒く測定しますのですぐに結果が出るので、感度が良いように見えます。

不便な点は、最高でも5分でサスペンド状態になってしまうこと。省電力設定でサスペンドに入らないモードが設定できません。この点もスマートホンから引き継いだ仕様のようです。

トロステーションの興味の無い内容を自動送りで流していても5分経つと止まってしまいます。

PlayStation Networkのサーバーは今だけかもしれませんが、非常に重いです。802.11nとは思えない遅さです。802.11bのPSPと変わらない感覚です。

PlayStation Storeからのダウンロードは、サスペンド状態でも継続しています。ただし、アプリケーションのインストールはサスペンドから復帰してから行われます。

メモリーカードは8GBしか入手できなかったのですが、いくつかデモ版を落としただけで既に4GB消費しています。入手出来れば非常に割安なので32GBを買っておいた方がよいでしょう。ゲームカードはNintendo DSのようにセーブ用のメモリーを積めるのですが、殆どがPSPと同様、メモリーカードにセーブします。

まとまりがなく、感じたことを記しましたが、Xperia Playがスマートホンで初代PlayStationのエミュレーションを行っている機器であるように、PS VitaはスマートホンでPSPのエミュレーションを行っている機器と言えば、イメージがつかめると思います。iPhoneやiPod touchに市場を奪われ、スマートホンを意識しすぎた結果のように思えます。

PSPとPS3の機器認証台数の大幅な削減について(旧サイト・アーカイブ)

【重要なお知らせ】機器認証台数変更に関するご案内」なるメールがPSPやPS3をネットワークにつないで利用している人に届いていると思います。

これは同じPlayStation Networkアカウントで利用できる機器を今まで5台だったものを2台に制限するというものです。

例えば、二人の子供部屋とリビングでPS3を家族のアカウントで使っていた家では、3台のうち1台を新たなアカウントに紐づけて、新たにソフト(ダウンロード版)やソフト内コンテンツ(服や装備など)を買わなければならないということです。

PS3を3台以上というケースは少ないかもしれませんが、問題はPSPです。

SonyはPSPをUMDが使えるタイプのPSP-1000/2000/3000シリーズ、UMDが使えないタイプのPSP Go、更にPS Vitaまで含めています。

私の場合は、UMDソフトはPSP-2000、ダウンロード版ソフトはコンパクトなPSP Goを使っています。本来ならUMDソフトもダウンロード版に変更してすべてPSP Goで利用するはずが、結局、UMDソフト所有者に対するダウンロード版への移行サービスをSonyが提供しなかったためです。

今回、PS Vitaでは、UMDソフト所有者に対してダウンロード版ソフトを安価に提供するサービスを行うとアナウンスしています。これはPS Vitaに何かしらのハード的なプロテクトを搭載する目途がついたためと思われます。

UMDソフト所有者に対してダウンロード版ソフトを安価に提供するサービスを行うとプロテクトを搭載していないPSP Goで利用されてしまう危険性があります。

PSPは、PSP、PSP Go、PS Vitaの3種類、機器認証は2台まで。こうなるとUMDソフトを使うためにPSPは必須で、新しいソフトや機能を使うためにはPS Vitaは必須。したがってPSP Goを機器認証から外すしかありません。

大々的に、これからの機種としてPSP Goを宣伝し、それにつられて買った人々、売れないからとSonyグループ内でも安価に販売されたことで買った人々、1万円の値下げにつられて買った人々、それらの人々に対して海外のSonyグループ幹部はPSP Goは失敗だったと明言しました。

それでも、今まで使うことはできていましたが、更にSonyは、PS Vitaを買うならPSP Goは捨てろと迫っています。

PSP Goのハッキングによる損失と、PSP Goの利用者を天秤に掛け、Sonyはハッキング対策を優先したのです。でなければ、PSPに関しては最低限、機種と同じに機器認証台数は、3台とすべきです。

PlayStation3及びPSP (PlayStationPortable)をご利用のお客様へ」のページの右上には白々しく「ご意見・ご感想」などというリンクがありますが、ユーザーの要望を聞くつもりがあるのかどうか。

Sonyは自社の損失より、まずは、PSP Goを世に出してしまった責任を取るべきです。


頭を冷やして考えれば、プレスで作られるUMDを、今、ログインしているユーザーの物か、友人から借りてきた物かを識別することは不可能です。まあ、RFIDを仕込んでいるとか、UMDを回収するとかすれば別ですが。

だからこそ、認証機器台数を2台にしたのでしょう。UMDのチェック用のPSPとPS Vitaで最低限の2台。これで1アカウントを家族内で使いまわしていた家では、追加購入が必要となりますが、友人からUMDを借りて、ダウンロード版を入手することは可能でしょう。

UMDゲームのレンタル店が出てくるかもしれません。

何にしろ、PSP GoとPS Vitaは二者択一であることには変わりありませんが。

ARマーカー(旧サイト・アーカイブ)

Nintendo 3DSを試しに買ってみましたが、やはり3Dは目が疲れるので、専らDSのソフトでしか使っていません。3Dのソフトも少ない時期に無料配布されたので、ポケモン立体図鑑BWをダウンロードして、いつの間に通信でポケモンを受信していたのですが、104匹以上受信しなくなりました。Webで調べると、別の方法でしか受信できないものもあるとか。

ARマーカーなるものでも集められるとのことで、マーカーをよく見ると当然法則性があるので、生成は可能ですのでExcelのマクロでARマーカーを生成するブックを作ってみました。サンプルと同じに、中心の4マスを固定として周りの12マスのOn/Offの組み合わせとしています。シートは2種類あり、自分でOn/Offを指定するものと、1~2^12-1(4095)までの数値を指定してARマーカーを生成するものです。順次生成のボタンでインクリメントして生成します。Excelシートをそのまま3DSで撮影していれば、正しいARマーカーが生成されると、3DSが反応します。

中心の4マスの組み合わせ1個に対して4095種類考えられますが、いつの間に通信で受信するものは、中心の4マスが、
□■
□□
のようです。シール帳が埋まらない場合は、中心の4マスを変えてみる必要があります。

Excelマクロ

Excel2003マクロです。ウイルスに感染していないことは確認していますが、実行するにはExcelでマクロを実行出来るようにセキュリティを緩める必要があるので、元に戻すのを忘れると、Excelのマクロウイルスに感染する危険性が高まりますのでわかる人だけ使ってください。

非常に簡単なマクロですが、転載厳禁でお願い致します。

誰でもわかる法則性なので問題無いと思いますが文句が出たら削除します。


いろいろ試してみたところ、中心の4マスを上記のパターンに変え、???で生成したARマーカーは、何度も認識させることにより、いつの間に通信で受信したポケモンに共通のARマーカーとして認識され、個別に設定して認識させなくてもランダムにシールを入手することが出来ました。

シルエットだけの謎のポケモンもあり、アップデートが行われるのかもしれません。

NGP(旧サイト・アーカイブ)

PSP2と呼ばれていたNGPが発表されました。スペック的には3DSを大幅に上回るものですが、値段もそれなりのものになりそうです。

発売時期もSIMフリーが暗に強制される4月以降ということもあり、3Gを使いたければDoCoMoなりEMOBILEなりのSIMを買って付けるだけとなりそうです。

更にPSP携帯と言われていたものは、Android上で動くPSPエミュレーターだったわけで、既にPS3やPSPで動作している多くのPSPソフトがAndroid上でも動くことになるでしょう。

これらの施策はどうみても、携帯市場のにならず、ポータブルゲーム機の売り上げにも影響を与えはじめた、iPhone対抗と思われます。

これらの施策は、自社製SIMまで開発してキャリアまでも独占した売り方を考えていたAppleとは正反対のスタンスです。

こうなると3DSなど眼中にないようにも見えますが、NGPには3DSの売りの3D機能がありません。

大型TVの3DではPanasonicの方が綺麗で売れているとのことです。3Dはどうしても左右別の映像を通常の半分の時間しか表示出来ないので高い輝度を必要としますが、液晶ではバックライトを明るくしても白っぽくなるだけで、画素ごとに発光しているプラズマの方が断然有利であり、唯一プラズマを続けているPanasonicが3Dでは有利になったそうです。SEDが失敗した現状では自己発光パネルは、プラズマと有機ELだけとなりました。プラズマを捨てたSONYは今更プラズマを使うことも出来ず、一度は諦めた有機ELの開発を再開したとのことです。

その有機ELがNGPでは採用されています。SONYとしては裸眼3Dはまだ実用にはならないと言っているため、3DSが3Dで売れるならばNGSにも3Dを採用する可能性は残っています。ただし、大型TVと同様に液晶シャッターのメガネを必要とするタイプになると思われます。

発表会でコンセプトモデルではなく、あそこまで動く試作機を作っておきながら発売を年末としたのは、3DSやiPhone5の出方を見るということもあるでしょうが、やはり有機ELパネルの量産がネックなのではないかと思われます。

ソフトの提供形態についても、専用カードが出るとは言え、実質ダウンロード販売主体とするのでしょうから、PSP Goで失敗した教訓をどう生かせるか、ユーザーが付いてくるかが問題です。

1 2