Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10は安価な8インチタブレットにインストール不可、RAMの最低要件を2GBに変更

 

Pocket

当初、Windows 10の最低要件として搭載RAM容量は32ビット版で1GB以上でしたが、最新の要件では2GBに変更されています。

こうなると、安価な8インチタブレットにはインストール不可ということになります。

最小ハードウェア要件

2016年5月27日時点のMicrosoftの最小ハードウェア要件の日本語ページを見ると、

「表 3: 最小ハードウェア要件の概要」という部分には、

  • Windows 10 デスクトップ エディション : RAM 32 ビット OS の場合は 1 GB 64 ビット OS の場合は 2 GB

とあります。しかし、英語のページを見ると、

「Table 3: Minimum hardware requirements summary」という部分には、

  • Windows 10 for desktop editions : RAM 2GB

とあり、32ビット、64ビットを区別していません。

安価な8インチタブレットにWindows 10はインストール不可

8インチの小型Windowsタブレットが販売され始めた当初は、RAM 2GBを搭載したWindows 8.1(x86)のタブレットでした。

その後、Windowsタブレットを普及させるためにMicrosoftはWindows 8.1 with Bingを実質無料で供給するようになり、安価な低スペックAtomを搭載したWindowsタブレットが発売されました。これらはほとんどがRAMを1GBしか搭載していない製品です。

Windows Insider Previewで分かっていたことですが、実際にWindows 10へのアップグレードが始まると、アップグレードに失敗する事例が多発しました。

それでもクリーンインストールは可能でした。インストーラーのチェックには通るためです。

ところが、今回の最小ハードウェア要件の変更がインストーラーのチェックに組み込まれると、Windows 10のインストールで跳ねられる可能性があります

現在配布されているWindows 10バージョン1511は、クリーンインストールならRAM 1GBでもインストールできるのですが、夏に提供されるWindows 10 Anniversary Updateでは実装される可能性があります

まとめ

既に8インチWindowsタブレットの需要は低下していますが、Windows 10がインストールできないとなると更に価値が下がることになります。

Atomも終了し、先の見えなくなった8インチWindowsタブレットですがソフト面でも制約が出てきました。

安価なRAM 1GBのWindows 8.1 with BingまたはWindows 10タブレットを持っているなら早めにRAM 2GB以上のWindows 10タブレットに乗り換えた方がよいでしょう。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ