Apple Pencil、精度は高いが描き始めを表示しないのは問題

Pocket

Apple Pencilのレビューに記したようにAdobeアプリやAutodeskアプリは、ペン先を画面に付けても何もせず、次のアクションを起こさなければ描画を始めません。このアプリの仕様に問題を感じたのは私だけではないようです。

書き出しの問題

詳しくは、Apple Pencilのレビューのビデオを見て頂きたいのですが、Apple Pencilに対応した描画アプリの多くが、

  • Apple Pencilで画面にタッチしても画面には何も表示されない
  • Apple Pencilを動かすと描画を始める
  • Apple Pencilを画面から離すと点を描画する

このような動作をします。

更に筆や鉛筆などを再現するための処理が間に合わないため、普通の描画アプリのように画面にタッチしてすぐに描き始めると、描き始めがずれるのと、手を動かすのが早すぎると描画点が追従できなくなり、思ったような線が描けません。

Autodesk SketchBook

このアプリは2015/11/13リリースの3.5.0でApple Pencilの筆圧と傾きに対応したとのことです。しかし、AppStoreのレビューを見ると星1が多数で、この問題を指摘しています。

作っている会社はプロ向けの製品を作っているのに、何故、絵描きの気持ちが分からないのか不思議でなりません。

プロは気にしない

以前、ソフマップ主催のコミックセミナーで「ヤマノススメ」のしろ氏が実際にマンガを描くのを見たことがあります。

右手でペンタブ上に描き、左手でコマンドを操作するのですが、気にいった線が描けるまで何度もUNDOすなわち取り消しを実行して描くとのことでした。

プロにとっては着地点が分からないことなど関係なく、失敗なら描き直せばよいということのようです。

まとめ

Apple Pencilというハードはとても優秀です。しかし、アプリが問題です。

所詮、素人の考えということでプロには問題にならないとしても、AutodeskにしてもAdobeにしても早急に改善してくれることを期待します。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*